緑区版 掲載号:2013年6月20日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

串田設備の水廻り話【9】 トイレのトラブルサインとは? 水漏れ、つまりの原因

便器と壁をつなぐアングルバルブ
便器と壁をつなぐアングルバルブ
 地元鴨居で創業約30年の「串田設備」(串田賢司代表)が紹介する水廻り(設備)の話。6月は「トイレまわり」について。

 トイレの水を流し終えても「ちょろちょろ」と出続け、止まらないことはないだろうか。「このような場合はまず、便器横のアングルバルブを右に閉めると水が止まります」と串田代表は話す。止まらない主な原因としては、タンク内のボールタップの老朽化、フロートバルブ(黒く丸いパッキン)の劣化などが挙げられる。また、バルブの接地面にゴミがたまり、漏水となるケースも。「最近ではホームセンターでも部品を買え、交換することができますが、それでも止まらない場合は同社にご相談を」

漏水と勘違い?

 梅雨の時期に、洋式便器周辺の床に水が垂れていることはないだろうか。「結露の発生が考えられます。高気密、高断熱の部屋が増え、トイレとの温度差により生じます」と串田代表。漏水と勘違いするケースもあり、一度拭いてもまだ垂れる場合は漏水の可能性がある。「その際はご相談を」

 また、トイレが詰まった際は、水が溢れてしまうため「ゴムなどで押し込まずに、アングルバルブを閉め、水を止めた後に専門家を呼ぶことをお勧めします」と串田代表は対処法を話す。

串田設備

横浜市緑区鴨居町2544

TEL:045-935-5345

http://kushida-wss.co.jp/index.html

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

緑区版のピックアップ(PR)最新6件

地元で家事と仕事を両立

弁護士らによる無料相談会

夏の”エアコン祭”開催中

豊富な在庫で迅速に対応

夏の”エアコン祭”開催中

7月19日号

複合型介護施設がオープンへ

ツクイ横浜霧が丘

複合型介護施設がオープンへ

7月19日号

鉄則は”3社以上の相見積もり”

「土・日で介護を学ぼう」

横浜市福祉サービス協会

「土・日で介護を学ぼう」

7月19日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク