緑区版 掲載号:2013年7月18日号
  • googleplus
  • LINE

緑区役所 地産地消促す、直売所常設 障害者の就労支援にも

品定めをする来店者
品定めをする来店者
 緑区で採れた野菜を中心とした地場野菜を、障害者が販売する直売所が9日、緑区役所内に開設した。企画した区は、直売所を常設することで、横浜市が推進する地産地消を進めると共に障害者の就労支援を強化するねらいがある。

 直売所の名称はとれたてみどり直売所「さら」。毎週火・木曜日(祝日・年末年始除く)、午前10時から午後3時(野菜が無くなり次第終了)に開店し、季節に応じた野菜を販売する。店舗運営は公募で選ばれた、NPO法人「横浜市精神障がい者就労支援事業会」(中区)が行う。

 区は、直売所を常設することで区民が地場野菜とつながる機会を増やし、その消費量を増やしたい考えだ。また、区内飲食店の地場野菜取扱量の増加も目指す。区が昨年7月に、区内飲食店321店から回答を得たアンケートによると、「地産地消に関心がある」「どちらかと言えばある」などの地産地消を前向きに捉えた回答は約7割に及んだにも関わらず、「積極的に仕入れている」とした答えは約13%しかなかった。

 区は「緑区では、利便性の高い、駅周辺などに常設の野菜直売所がなく、飲食店が地場野菜を購入しにくい環境にある。区役所に設置することでその利用量が増えれば」と話す。

最低賃金以上目指す

 障害者の就労支援にもつなげる。区は「さら」スタッフが神奈川県の定める最低賃金(1時間849円)以上を受け取れるようにしたいと考えている。

 「さら」の店舗責任者を務める、「市精神障がい者就労支援事業会」の虫生(むしう)玲さんは「このような機会を頂き、ありがたい。一般の方とふれあう機会が増え、スタッフは楽しんで仕事をしている。事業として成果を挙げていきたい」と話している。

 区は「来年7月末まで営業し、1年間の成果を見たうえで継続するか判断していく」としている。

 「さら」は7・8月(8月の第3・4週は休み)は区役所入口前、9月以降は地下1階の、現在営業していない食堂スペースで開かれる。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

林市長とぬくもりトーク

カフェみなみ運営委員会

林市長とぬくもりトーク

7月26日号

例年より早い生育

区内浜なし

例年より早い生育

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

初の合同防犯パトロール

白山連合自治会

初の合同防犯パトロール

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

区内飲食店で地産地消

Team VerdeTHREE STARS

区内飲食店で地産地消

7月12日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク