緑区版 掲載号:2013年9月12日号
  • googleplus
  • LINE

新治町 「自然知ってもらいたい」 市民の森で工作教室

木工品づくりに励む参加者
木工品づくりに励む参加者
 新治市民の森で活動する「新治市民の森愛護会」(大川浩司会長)が先月末、同公園内で「子供工作教室」を開いた。当日は幼稚園児から小学生の親子連れが参加。鳥の巣箱やミニ机、竹馬、竹とんぼなどの工作に取組んだ。

 なかには、子どもに木工品づくりを教えながらも、自身の方が夢中になっている父親の姿も見られた。

 同教室を企画した愛護会の大川会長は「工作を通して自然と触れ合う機会を作りたかった。きょうは子どもたちに喜んでもらえたようでうれしい。森は自然を知るための『生きた教科書』。今後も同様の教室を開いていきたい」と話した。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク