緑区版 掲載号:2013年9月26日号
  • googleplus
  • LINE

基準地価 区内全地点で上昇傾向 長津田1丁目など顕著に

 神奈川県は19日、県内の基準地価を公表した。県内では住宅地、商業地、工業地のすべてで5年ぶりに上昇となり、不動産市況の回復傾向が見られた。

 緑区内では、県が調査した住宅地10、商業地2の全地点で上昇が見られた。住宅地では長津田1丁目が昨年に比べ2・8%の上昇。次いで三保町が2・1%の上昇。商業地では十日市場町で2・1%、鴨居3丁目で1・3%の上昇となった。

 住宅地で最も高い上昇が見られた長津田1丁目付近は近年、高層マンションが建設されるなど開発に伴う人口流入が顕著なエリア。三保町は市民の森など緑が豊富な住宅地として人気だという。

 地価調査は、知事が国土利用計画法施行令第9条の規定に基づき、昭和50年から毎年1回、基準値の標準価格を判定し、公表しているもの。神奈川県全域の927地点を対象に2013年7月1日時点の価格を調査した。

県内でも上昇地域が拡大

 住宅地の平均変動率では、前回調査では川崎市中原区や高津区など6区が上昇するにとどまったが、今回の調査では、横浜市、川崎市、相模原市のほぼすべての区のほか、大和市、茅ヶ崎市などに上昇地域が拡大した。商業地域でもほぼ同様の傾向が見られた。戸塚区、都筑区、川崎市中原区など10区のみの上昇にとどまった前回調査にくらべ、今回は横浜市、川崎市、茅ヶ崎市、海老名市など27市区町に上昇地域が拡大した。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

林市長とぬくもりトーク

カフェみなみ運営委員会

林市長とぬくもりトーク

7月26日号

例年より早い生育

区内浜なし

例年より早い生育

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

初の合同防犯パトロール

白山連合自治会

初の合同防犯パトロール

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

区内飲食店で地産地消

Team VerdeTHREE STARS

区内飲食店で地産地消

7月12日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク