緑区版 掲載号:2013年10月31日号
  • googleplus
  • LINE

子育て支援5カ年計画 案づくり協議が本格始動 2部会、きょう初会合

 2015年度から始まる国の子育て支援新制度を見据え、市の5カ年事業計画を協議する「横浜市子ども・子育て会議」。自治体ごとの施策にニーズを反映させるのがねらいで、本日31日には3部会のうち2部会が初会合を開く。14年度中の事業計画策定に向け、市は来年夏ごろまでに素案をまとめる方針だ。

 市が策定を進める「事業計画」は、認可保育所など個人への「給付」と、自治体が主体的に取り組む「事業」を2本柱に据えており、その対象は生前を含め20歳くらいまでの子ども、青少年とその家庭だ。

 横浜市では4月の条例制定で同会議が発足。大学教授や幼稚園、保育園の運営者、市民団体メンバーらのほか、公募で選ばれた育児中の保護者2人を加えた20人が委員を務める。

市民ニーズ反映へ

 事業計画に関する特定分野を専門的に審議しようと、同会議は【1】子育て【2】保育・教育【3】放課後―の3部会を新設。31日に子育てと放課後の2部会、11月中旬には保育・教育の部会を初開催する。部会は年内に各3回開き、来年2月予定の第3回全体会合で、各部会の審議内容を踏まえた事業計画の骨子をつくる予定だ。市子ども青少年局では「各分野の専門家や一般市民の目線で幅広い意見が集まり、計画策定に生かされれば」と期待を寄せる。

 市は今夏、未就学児の保育や小学生の放課後などに関する大規模な保護者ニーズ調査を実施。未就学児か小学生がいる約6万世帯(回収率45・6%)から回答を得た。単純集計速報は9月の第2回会合で公表され、各部会でも活用していく。子育ての満足度を問う設問では、未就学児(約83%)と小学生(約67%)で差が生じた点など、委員から指摘もあったという(=表参照)。調査内容は集計中で、年内には分析結果がまとまる見通しだ。

 子ども・子育て会議は昨年8月の関連法成立に基づき、内閣府が設置。各自治体に設置が求められており、事業計画の策定をはじめ、幼稚園や保育所の利用定員など各課題を審議する。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

林市長とぬくもりトーク

カフェみなみ運営委員会

林市長とぬくもりトーク

7月26日号

例年より早い生育

区内浜なし

例年より早い生育

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

初の合同防犯パトロール

白山連合自治会

初の合同防犯パトロール

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

区内飲食店で地産地消

Team VerdeTHREE STARS

区内飲食店で地産地消

7月12日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク