緑区版 掲載号:2013年11月14日号
  • googleplus
  • LINE

市会レポート2013年【19】 平成25年第3回定例会から 「災害」「新しい」取り組みを確認しました 横浜市会議員 高橋まさはる

■特別避難場所に太陽光発電・蓄電池の設置

 横浜市では、地域防災拠点に指定されている小中学校で過ごすことが困難な方に対し、地域ケアプラザなどを「特別避難場所」として受け入れる態勢を整えています。公設の「特別避難場所」の中から各区2カ所に太陽光発電設備と蓄電池を設置することについて、設置箇所の選定の考え方を質問しました。

 林文子市長は、地理的なバランスや、配置スペースなどの施設環境を考慮し、区役所などの意見を踏まえ決定したいと答弁しました。

 加えて、設置した非常用電源の確実な運用のために、地域の方々との連携を生かした実地訓練の実施を求めました。

■市立中学校昼食へ「スクールランチ」の導入

 市立中学校における昼食のあり方について、食育や女性の社会進出など変化する社会情勢の観点から、家庭弁当との選択性で、栄養バランスのとれた「スクールランチ」の導入を提案しました。

 市長は「スクールランチ」も選択肢の一つであり、栄養バランスがとれ、メニューや量を選べる弁当方式や近隣小学校の調理室を利用したランチの提供の可能性も含めて検討すると答弁しました。

■内外ハザードマップを活用した浸水対策

 集中豪雨などから市民生活や都市機能を守るために、内水氾濫による地域の危険度を示した「内水ハザードマップ」を今後の浸水対策にどう活かしていくのか質問しました。

 市長は内水ハザードマップのシミュレーション予測を活用し、浸水の恐れのある箇所を明確にすると共に土のうを用意するなどの対策を講じる。同マップを今後の浸水対策計画に活かすことで、集中豪雨などに強い街づくりを目指していくと答えました。

高橋まさはる

横浜市会議員

TEL:045-929-5305

http://www.masaharu.info/

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

緑区版の意見広告・議会報告最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク