緑区版 掲載号:2014年2月27日号 エリアトップへ

緑区福祉健康センター 防災レシピを1冊に 備蓄品の活用術を提案

掲載号:2014年2月27日号

  • LINE
  • hatena
3千部発行された「食からの防災対策」
3千部発行された「食からの防災対策」

 緑区福祉保健センターがこのほど、防災用の備蓄缶詰などを活用したレシピ集をまとめた。火を使わずに調理できるメニューなど11品目を掲載。担当課では「被災時だけでなく備蓄品の消費などにも役立ててほしい」と話している。

 同センターでは昨年度から、区内のボランティア団体(緑区食生活等改善推進員会「緑区ヘルスメイト」)と協力し、防災レシピを考案してきた。

 火を使わずに缶詰などを活用して調理する防災レシピは、限られた材料で栄養バランスの良い食事ができるよう工夫されており、被災時の心身の健康を保つ手段としても注目が集まっている。

11品目を写真付きで紹介

 同センターはこれまで考案した約50品目から、火を使わないメニューやカセットコンロで簡単に調理できるメニュー11品目を選び、A3見開きの冊子に集約。みかんの缶詰と缶詰の水分で戻した切干大根だけでできる「みかん缶と乾物のサラダ」や、乾パンとフルーツ缶でつくる「乾パンパフェ」などユニークなメニューを紹介したほか、栄養バランスが良い備蓄品の構成などをまとめた。また、長期保存が可能な食材としてサバ水煮缶、ツナコーン缶、大豆ドライパック、コンビーフ、魚肉ソーセージなどをあげた。

 担当課では「備蓄食品も工夫次第で美味しく食べられる。被災時はもちろんだが、賞味期限が迫った備蓄食料の消費などにも役立て、日頃から備蓄に対する意識を高めていただければ」と話している。

 冊子は3千部を発行し、3月中に自治会などを通じて配布するほか、地区センターなどで閲覧できるようにする予定だという。

緑区版のトップニュース最新6

コロナ禍で端末活用加速

横浜市立小中学校

コロナ禍で端末活用加速 教育

一律での実施に課題も

9月16日号

鴨居の桜5本を伐採

緑区

鴨居の桜5本を伐採 社会

「倒木の危険から守るため」

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

住民提案で静かな夏祭り

東向地団地自治会

住民提案で静かな夏祭り 社会

夜の川辺にランプ灯し

9月9日号

若手社員表彰制度を導入

建設業協会緑区会

若手社員表彰制度を導入 社会

「意識向上になれば」

9月2日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月2日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook