緑区版 掲載号:2014年2月27日号 エリアトップへ

行政文書情報公開 請求件数、10年で2倍超 市、開示法工夫で対応

社会

掲載号:2014年2月27日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市に対する行政文書の開示請求が2012年度、3000件を超え、この10年で倍以上に増えた。最近では市立中学校、高校の定期試験問題の開示請求があり、学校現場が大量のコピー作業に追われていたことも分かった。市は増え続ける請求に対し、開示方法を工夫するなどの対応を進めている。

 市は市民に身近で開かれた市政を推進しようと、条例に基づき、情報公開を進めている。開示請求の対象は市保有の行政文書。各区役所の受付窓口やインターネットから開示請求できる。原則、請求日の翌日から60日以内に開示される。

 請求は03年度、1382件だったが、12年度に3261件と倍以上になった。市民局によると、最近は道路工事や公園清掃に関する金額入り設計書の請求が多く、建設、不動産業者からの申請が目立つという。

2万5千枚をコピー

 昨年10月末、市立中学校と高校で12年度、13年度に行われた定期試験問題の開示請求があった。学習塾経営者が問題を販売しようと請求したもの。学校数が少ない高校9校分は1月17日に試験問題のコピー約2万5千枚を請求者に送った。148校ある中学校分は特例措置を講じ、開示期間を今年9月まで延長していたが、この件が新聞などで報じられたことを受け、請求者が2月19日に取り下げを申し出た。ある中学校の校長は「まだコピーはしていなかったが、仮にしていたら、それだけで何時間もかかり、対応が大変だったと思う」と作業がなくなり、ほっとしたという。

 今回のように、文書が大量だったり、過去数年にさかのぼった請求の場合、開示までに時間がかかる。市民局によると、年に数件は文書量が多く、期間を延長するケースがあるという。

直接閲覧も

 スムーズな開示を目指し、市は請求が多い文書をあらかじめファイルにまとめ、すぐに公開できるようにしている。道路工事設計書の一部は市庁舎内の市民情報センターで閲覧できるようにしており、「ニーズに応じて対応したい」と今後の方針を示している。

緑区版のトップニュース最新6

環境大臣賞を受賞

塚田順一氏

環境大臣賞を受賞 社会

30年以上の活動に評価

9月24日号

ブロック塀対策足踏み

市立小通学路

ブロック塀対策足踏み 社会

危険箇所約2,000件

9月17日号

オリーブで農地活用

いぶき野農家

オリーブで農地活用 経済

育てやすさが魅力

9月17日号

町内会のICT支援へ

横浜市

町内会のICT支援へ 社会

コロナ対策で予算計上

9月10日号

災害に備えた体制拡充

緑区防災作業隊

災害に備えた体制拡充 社会

新たに1社加盟 16社に

9月10日号

市内観光、復興遠く

市内観光、復興遠く 経済

ホテル稼働4割の低水準

9月3日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク