緑区版 掲載号:2014年2月27日号 エリアトップへ

横浜北部に特別支援学校 青葉区・中里学園が候補

掲載号:2014年2月27日号

  • LINE
  • hatena

 2016年度末に廃止される児童養護施設「中里学園」=青葉区=が、新設される県の特別支援学校の建設候補地となっている。

 横浜市内には現在23の特別支援学校があるが、北部地域の青葉区と都筑区には学校がなく、元石川と新栄に分教室があるのみ。分教室は県立高校内の5教室を間借りして設置され、1学年1クラス、定員各15人で高等部の知的障害教育のみに対応。近年、特別支援学校に在籍する生徒は全県で増えており、特に北部地域ではこの10年間で2・3倍増加。県は特別支援学校の整備を推進してきたが、財政面などで適切な土地の確保が困難なため「空白地域」となっていた。

 中里学園は17年度、障害児入所施設「ひばりが丘学園」と統合、児童自立支援拠点として平塚市に移転予定。現施設が廃止されることに加え児童養護施設として地域との関係づくりを継続してきたことが、候補地になった主な要因だ。

 今後、県は市と地域住民と調整しながら新設を目指す。県の担当者は「あくまで候補地の段階。地域に受け入れてもらえるよう説明を重ねていきたい」と話している。正式に決まれば、中里学園移転後の17年度以降に着工。開校時期は未定だが、児童・生徒の募集は開校2年前をめどにスタートする予定。

緑区版のローカルニュース最新6

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月16日号

選手の写真を展示中

東京パラリンピック

選手の写真を展示中 文化

ラポール・宮地さんが撮影

9月16日号

今週末に野毛大道芸

今週末に野毛大道芸 文化

感染症対策施し、屋内開催

9月16日号

バス乗車で思い出づくり

市交通局

バス乗車で思い出づくり 社会

対象は市内3校・園

9月16日号

南国果物を販売

横浜市庁舎

南国果物を販売 経済

9月16・27日に

9月16日号

「横浜とラグビー」一冊に

「横浜とラグビー」一冊に スポーツ

保土ケ谷区在住の長井さん

9月16日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook