緑区版 掲載号:2014年3月6日号 エリアトップへ

先月、「社会を明るくする運動」作文コンテストの神奈川県公立小学校長会会長賞の表彰を受けた 緒方 千風さん 山下小学校6年

掲載号:2014年3月6日号

  • LINE
  • hatena

読書が「新しい自分」育てる

 ○…国が犯罪のない地域社会を目指し推し進める「社会を明るくする運動」。その一環として毎年行われている作文コンクールで県内の小学生3380作品のなかから高い評価を受けた。「こんなすごい賞を自分が取れるとは思っていなかった。自信がなかったのでびっくり」。両親からの「すごいじゃん」の言葉がその喜びを更に高めてくれた。

 ○…「犯罪に関わったことがないのでどのように描くか困りました」。なぜ犯罪を犯してしまうのかについて作文づくりを通して考えた。「答えは分からなかった。でも、人それぞれ何らかの理由があるはず」と犯罪者への理解の必要性を示した。そう考える背景には2年前から始めた小説の執筆がある。学校生活の合間を見て自分に似た女の子を主役にした作品を中心に描いている。「私の作る作品にも悪い人は出てくる。その登場人物にも気持ちがあることを作者である私が一番知っていたので」と振り返る。「でもやっぱり犯罪者が近くに居たら怖い。難しい問題ではあるけれど」

 ○…2週間に1冊程度の読書が日々、自分を成長させてくれている。自身の性格を人見知りと感じることがある。「ある本に出会い、『行動が人を変える』ということを学んだ。笑顔で友だちと話すことを意識したらみんなと気兼ねなく話せるようになった」。最近読んだ直木賞受賞作、池井戸潤氏の『下町ロケット』では”諦めない心”を学んだという。「『人生は1度だけ』と思いたくさんのチャレンジをしていこうと思った」

 ○…夢は小説家になること。「いろいろな人の心を考えるのが好きなので」。今も執筆を通して新たな視点を発見し自身の成長につなげている。「4月から中学生。期待と不安が半々」。入学したらこれまでやったことのないスポーツにも挑戦してみようと考えている。「TVで見て恰好良かったのでバレーボールなんかいいな」。ワクワクしながら自分自身の物語を紡いでいく。

緑区版の人物風土記最新6

山下 泰明さん

『劇団四季のアンドリュー・ロイド=ウェバー コンサート〜アンマスクド〜』に出演している

山下 泰明さん

横浜市在住 劇団四季俳優

1月13日号

福本 祥子さん

「江戸の踊りかっぽれ保存会」の会長を務める

福本 祥子さん

長津田在住 86歳

1月6日号

木村 洋太さん

(株)横浜DeNAベイスターズの社長として球団の舵を取る

木村 洋太さん

都筑区出身 39歳

1月1日号

臼井 孝一さん

神奈川県共同募金会緑区支会の支会長を務める

臼井 孝一さん

寺山町在住 71歳

12月23日号

太田 まどかさん

マウンテンバイク女子ジュニアで2年連続の年間チャンピオンになった

太田 まどかさん

横浜創英大学1年 18歳

12月16日号

中村 元彦さん

(一社)神奈川県サッカー協会初の技術担当専任(現FAコーチ)を務める

中村 元彦さん

三保町在住 50歳

12月9日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook