緑区版 掲載号:2014年4月17日号 エリアトップへ

横浜市 五輪準備組織を発足 全庁横断で対応策検討

掲載号:2014年4月17日号

  • LINE
  • hatena

 2020年に開催される東京五輪に向け、横浜市ではその準備組織を発足した。林文子市長をトップに、すべての局区長がメンバーとして参画。全庁一丸となって協力すると共に、五輪開催後も見据えた様々な取り組みを推進していく方針を打ち出している。

合宿地誘致も

 4月1日に発足したこの組織は「2020年オリンピック・パラリンピック東京大会 横浜市推進本部」。

 同本部には「開催準備」「文化芸術・観光・MICE・経済振興」「スポーツ振興」「まちづくり・交通アクセス」といった4つの部会が設置され、18人の区長を含む局長クラスの市職員がそれぞれメンバーに就任。各区や局の垣根を越え連携を強化しつつ、6年後の開催に向け「直前合宿地としての招致活動」や、海外観光客を意識した各種インフラ整備策などについて検討する予定となっている。

今年度予算2900万円

 またこうした動きに関連して、市は今年度「東京五輪に関連する事業費」として2900万円を計上している。

 内訳は「横浜市への交通アクセスや市内の周遊などを改善するための調査費用」(500万円)や、情報発信地としての基盤となる「インターネットの環境整備費」(500万円)など=上表。ハード面のみならず、大会開催時にアスリートとして旬を迎える市内の小・中学生などを対象とした「過去の五輪メダリストとの交流事業」や、身体障害者を対象とした「パラリンピックを目指す子ども達をサポートする費用」といったソフト面の拡充に関する費用も含まれている。

大会後に遺産を

 横浜市は、東京五輪の開催を「一過性のお祭り的なイベント」としてのみならず「より良い街づくりの契機」と位置付け「大会後も横浜にレガシー(遺産)を残すことが重要」(推進本部の事務局となる市民局の担当者)と説明する。

 その上で、林市長が東京五輪前の実現に向け意気込みをみせている市庁舎の移転や、文化体育館(中区)の建替え事業についても「『街づくり』という点で、緩やかに(各取り組みを)連動していけるのでは」と話している。

緑区版のトップニュース最新6

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

ツシマヤマネコ 繁殖成功

ズーラシア

ツシマヤマネコ 繁殖成功 社会

人工授精で国内初

4月15日号

集団接種を5月中旬開始

コロナワクチン

集団接種を5月中旬開始 社会

個別接種も6月以降に

4月15日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

丸産技研が命名権取得

長津田北口歩道橋

丸産技研が命名権取得 社会

1日から愛称を標示

4月8日号

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 社会

非常用に蓄電池配備

4月1日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter