緑区版 掲載号:2014年4月24日号 エリアトップへ

4月1日付で緑消防署長に就任した 関口 輝雄さん 町田市在住 59歳

掲載号:2014年4月24日号

  • LINE
  • hatena

一人ひとりが役目果たす職場に

 ○…「署員が力を最大限に発揮できる環境をつくることが仕事」。部下に積極的に声をかけ、署内のコミュニケーションを深めたいと考えている。「一人ひとりの個性や得意分野を知り、「強み」を引き出だすことができれば。『良い仕事ができた』と署員が感じられる瞬間を積み上げていくこと。それが、組織力をあげ、安全な街づくりの第一歩につながると思う」

 ○…3月までは市の防災ヘリポートの運営業務を担当。パイロットたちをまとめ、年間の業務などの管理にあたった。「やはり、ここでもコミュニケーションがとても重要だった」。人の役に立つ仕事をしたいと入局して36年。常に心がけてきたのは高校から29歳まで続けたラグビーから得た『ワンフォーオール オールフォーワン』の精神。お互いを知り、理解しあうことで生まれる信頼感が「仲間のために自らの使命を果たす」という責任感に繋がる。ひとり一人が自分の持ち場で精いっぱいの仕事をすることがチームの力を高めることをラグビーは教えてくれた。

 ○…力の源は「愛妻弁当」。40年間銀行員として働いてきた妻が昨年、退職した。それまで叶わなかった一緒の時間が増え、今ではともに夕食をとる時間もできた。「帰宅すると妻がいる。とても嬉しいね」と照れたように話す。何気ない出来事を話す時間や、毎日作ってくれる弁当に幸せを噛みしめる。

 ○…今、最も力を入れて取り組みたいのは「多岐に渡る消防の仕事を少しでも多くの市民に知ってもらうこと」。総務、警防、予防、訓練センターなど多くの職場で経験を積むことができたからこそ、「沢山の細かな仕事があって”消防の仕事”が成り立っている。縁の下で市民の安全を支える仕事をぜひ知っていただきたい」。そのためにもどんどん地域へ出て、PRをしていくつもりだ。「それが私の役割。署の一員として自らの仕事を全うしたい」

緑区版の人物風土記最新6

渡邉 佳奈子さん

オーケストラ「piccolo(ぴっころ)」を区内で立ち上げる

渡邉 佳奈子さん

三保町在住 34歳

3月26日号

鶴田 和久さん

首都高速道路株式会社で神奈川建設局局長を務める

鶴田 和久さん

市内在勤 58歳

3月21日号

松山 光伸さん

日本奇術協会賞を受賞した

松山 光伸さん

長津田町在住 72歳

3月12日号

松井 祐貴さん

ソロギタリストとして活躍する

松井 祐貴さん

緑区在住 33歳

3月5日号

伊藤 かね子さん

おもちゃコンサルタントとして活躍する

伊藤 かね子さん

長津田在住 78歳

2月27日号

直井 美智子さん

横浜市体育協会横浜スポーツ表彰スポーツ功労賞を受賞した

直井 美智子さん

東本郷在住 68歳

2月20日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク