緑区版 掲載号:2014年4月24日号 エリアトップへ

中山北山田線11日開通 慢性的な交通渋滞緩和へ 都筑区へのアクセス向上

掲載号:2014年4月24日号

  • LINE
  • hatena
川和駅方面への通行が可能に
川和駅方面への通行が可能に

 緑区中山町から都筑区すみれが丘までの延長約7Kmにわたる主要幹線道路「中山北山田線」。このうち、整備が進められていた緑区の川崎町田線「青砥交差点」付近から都筑区の横浜上麻生線「川和町駅交差点」までの約1・2Kmが4月11日に開通した。これにより、両交差点が最短距離で結ばれ、2区にまたがる交通利便性が向上した。

 今回開通したのは都市計画道路中山北山田線(青砥北八朔川和地区)街路整備事業として着手していたエリア。青砥交差点から見花山の富士見が丘西側交差点付近までの約2Kmのうち、08年度に見花山から川和までの760m区間を供用開始。残る約1・2Kmの整備が完了し、中山方面と港北ニュータウンとの行き来がスムーズとなった。

 今回の開通で期待される整備効果として市道路局では「南から北へのアクセスがよくなり交通渋滞も緩和される」とする。特に渋滞に関しては、「横浜上麻生線と交わる川和町駅周辺での慢性的な渋滞解消が大きいのでは」と話している。

 また、道路は騒音の発生を抑制する低騒音舗装を採用。開通した1・2Kmの道路は全線4車線となるが、青砥交差点付近の約400mが一部2車線となっており、6月下旬に4車線開通になる見込み。

 道路環境から、”近くて遠かった”両地区が最短距離で結ばれた。交通の利便性が高まることに加え、長年懸案となっていた渋滞緩和にも期待がかかる。

緑区版のトップニュース最新6

補助制度の実績「低調」

ブロック塀改善事業

補助制度の実績「低調」 社会

申請期間延長を検討

10月21日号

給食で酒米を提供

区内市立中

給食で酒米を提供 教育

食品ロス削減の取り組み

10月21日号

地域に根ざし25回目

森の中のアートイベント

地域に根ざし25回目 社会

「多くの人に訪れてほしい」

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

人と人とで編みつなぐ

人と人とで編みつなぐ コミュニティ社会

十日市場でヤンボミ開催

10月7日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

9月30日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook