緑区版 掲載号:2014年5月22日号 エリアトップへ

「関東高等学校新体操大会県予選会」団体の部で2連覇を果たした森村学園高等学校新体操部の顧問を務める 小野 信予さん 町田市在住 57歳

掲載号:2014年5月22日号

  • LINE
  • hatena

思いやりある強さ引出す

 ○…「ほっとしたというのが正直なところ」。前年の優勝校として周囲から「勝って当たり前」と見られるなかで優勝を果たした。2分30秒間で行われる競技では1つのミスが勝敗を分ける。「守りに入らず、5人の選手には身体を大きく使う演技を求めた」。意識したのは点が取れる演技。新体操の審判の資格をもつなど「採点する」側の視点を研究しチームを指導してきた。「身体面を強化するだけでなく勝つ演技を考えることが大切」

 ○…”力強い女性”が今年のチームの演技テーマ。「自分で考えて行動できる選手が多いからこのテーマが合うと思った」。演奏曲に選んだのは米国歌手のビヨンセさんの曲。力強い女性像を「自分の力で困難を乗り越えられる女性」と定め、部員らとイメージを合せて大会に望んだ。「選手たちにそうなってもらいたいという思いを込めている」

 ○…練習などで多忙のなか、大学生の息子が所属するバスケットボール部の試合観戦が息抜きになっている。「普段女子を見ているためか男子選手のパワーに圧倒される」。最近ではルールも覚え、休みが取れると3日連続で応援にかけつけることも。「バスケ競技のうらやましい所は試合時間が長いので挽回できるチャンスがたくさんある点」。リフレッシュの時間も新体操のことを考えている自分がいる。

 ○…同部の顧問を30年以上務めてきた。人に思いやりをもって接することの大切さを第一に指導にあたってきた。それは大学時代、体操選手としてレギュラーになれずにメンバーのサポートを行うマネージャーの業務を行ってきた自身の経験から。「多くの人のつながりがあってこそ物事が進むことをこの時学んだ」。生徒にも周囲のために力を尽くし様々な観点から物事を見られるように成長してもらいたいと考える。インターハイ県予選が控えるが「選手を選ぶのが一番つらい。レギュラーになれない悔しさを知っているから」

緑区版の人物風土記最新6

直井 美智子さん

横浜市体育協会横浜スポーツ表彰スポーツ功労賞を受賞した

直井 美智子さん

東本郷在住 68歳

2月20日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

2月13日号

志駕(しが) 晃(あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕(しが) 晃(あきら)さん

横浜市在住 57歳

2月6日号

小島 真由美さん

地域交流イベント「Open!みどりーむ」で登壇する

小島 真由美さん

北八朔町在住 46歳

1月30日号

片山 友理香さん

東洋英和コーヒープロジェクトの代表を務める

片山 友理香さん

川崎市在住 21歳

1月23日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月16日号

瀧川 鯉丸さん

みどりアートパーク寄席に出演する

瀧川 鯉丸さん

中山在住  32歳

1月9日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

本の魅力を語り合おう

本の魅力を語り合おう

全2回「共読」講座

3月7日~3月21日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク