緑区版 掲載号:2014年5月29日号 エリアトップへ

分譲住宅地に「生活支援ロボ」 県が開発をPR

掲載号:2014年5月29日号

  • LINE
  • hatena
握手を交わす黒岩知事(左)と森川専務(右)
握手を交わす黒岩知事(左)と森川専務(右)

 神奈川県は25日、県が進めるロボット開発の成果を多くの人に体験してもらおうと、緑区みなみ台にある分譲住宅地(サンクタスシティ長津田みなみ台)に最先端の生活支援ロボットを設置した。

 神奈川県では2013年から、相模原市、平塚市、藤沢市、茅ケ崎市、厚木市、伊勢原市、海老名市、座間市、綾瀬市、大和市、寒川町、愛川町を「さがみロボット産業特区」とし、生活支援ロボットの実用化や普及にむけた取り組みを行っている。

 県はこの取り組みを広く周知するとともに、実用化に向けた実証実験を行う目的で、ロボットを展示・体験できる施設の開設を目指してきた。民間事業者との連携を模索する中で今回、サンクタスシティ長津田みなみ台カーサ(オリックス不動産株式会社)、厚木住宅公園(厚木市)、相模原住宅公園(相模原市中央区)との連携が実現したという。

 これを受け、オリックス不動産株式会社では、同分譲住宅地内(長津田みなみ台2の12の2他)にあるモデルハウスにロボット体験施設を常設。また3カ所の体験施設では唯一となる屋外展示も随時行っていくという。

 25日に行われたセレモニーに訪れた黒岩祐治知事は点検支援ロボットや会話ロボット「パルロ」、食事支援ロボット「マイスプーン」などの技術に触れた。

 黒岩知事は、「こうした技術を多くの人に知っていただき、皆さんと一緒になって新たな夢のステージをつくれれば」と話した。

指定した食べ物を口元へ運ぶ食事支援ロボット
指定した食べ物を口元へ運ぶ食事支援ロボット

緑区版のトップニュース最新6

医療体制拡充に56億円

横浜市

医療体制拡充に56億円 政治

コロナ第2、3波に備え

7月2日号

起業支援拠点が本格稼働

起業支援拠点が本格稼働 経済

セミナールームも初公開

7月2日号

8月代替大会開催に喜び

県高校野球

8月代替大会開催に喜び スポーツ

「3年生集大成の場に」

6月25日号

どう変わる?学校生活

市立小中

どう変わる?学校生活 教育

7月に給食・部活再開

6月25日号

レモンで地域交流を

霧が丘6丁目

レモンで地域交流を 社会

更なる取り組みを検討

6月18日号

児童虐待、潜在化を危惧

横浜市

児童虐待、潜在化を危惧 社会

休校などで相談数「微減」

6月18日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク