緑区版 掲載号:2014年5月29日号 エリアトップへ

いじめと向き合う(上) 深夜に響く電話相談

掲載号:2014年5月29日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は4月1日、学校や市教委、児童相談所、警察などが連携し、いじめの早期発見と早期対策を行う「いじめ問題対策連絡協議会」等を設ける条例を施行した。市の取り組みが活発化する中、民間にも、いじめの被害者の居場所づくりや相談を受ける団体が存在する。いじめを取りまく環境を追った。

 文部科学省は3月31日、2012年度に全国の小・中・高で起きたいじめの認知件数を19万8109人と公表した。またいじめが原因で自殺した児童生徒数は、学校からの報告によれば6人に上ったとしている。

 横浜国立大学でいじめ問題を研究する犬塚文雄教授は、いじめを受ける子どもが、周囲に相談しづらい状況にあることを指摘する。「『先生に助けを求めるダメなやつ』と思われたくない自尊心や、親の期待を裏切りたくないという気持ちが、SOSの発信にブレーキをかけてしまう」

 犬塚教授はこうした心理を踏まえ「自尊心を傷つけない場所を確保することが課題」と話す。親や教師とは違う存在が心のケアに必要になることもあるという。

 そうした存在の一つに、市教育委員会が備える24時間対応の「いじめ110番」(【フリーダイヤル】0120・671・388)がある。ここでは常時、2人以上の相談員が応対。12年度には、いじめが原因の相談が439件あり、最近ではネット上のいじめの相談が目立つという。

 子どもから電話が来るピークの時間帯は深夜。「親の目を離れ、一人になれたときに相談する傾向にある」と男性相談員は話す。

 相談員が重視するのは、本人が何を望むのかを聞き取りながら「一緒に考える」こと。「ああしなさい、こうしなさいというアドバイスは、自尊心を傷つけることもある」。電話を通して「頑張ってみよう」と勇気を持ってもらうことが、相談員の一つの目標だ。

 「またいつでも電話して」。最後は必ずこの言葉で終わる。「どんなときでも相談を聞くという気持ちを表すことで、子どもに安心してもらいたい」

――続く

緑区版のローカルニュース最新6

延べ3300人が参加

延べ3300人が参加 スポーツ

山下地区体育祭

10月17日号

50周年記念コンサート

50周年記念コンサート 文化

27日 緑公会堂

10月17日号

訂正

訂正 社会

10月17日号

資料とモノでたどる緑区

資料とモノでたどる緑区 文化

図書館で31日まで

10月17日号

生徒が縫った雑巾を贈呈

生徒が縫った雑巾を贈呈 社会

霧が丘高校が交流

10月10日号

稲刈りで実りの秋実感

稲刈りで実りの秋実感 文化

新治 谷戸の田んぼ

10月10日号

コンサート中に避難訓練

コンサート中に避難訓練 社会

みどりアートパークで

10月10日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク