緑区版 掲載号:2014年6月5日号 エリアトップへ

子どもの事故防止や緊急対応についての地域向け講座を開く 山下 麻実さん 横浜創英大学看護学部 助教

掲載号:2014年6月5日号

  • LINE
  • hatena

悩みや体験、親同士で共有を

 ○…「地域で講座を開くようになって、親であれば誰でも子どもの怪我や事故でヒヤリとした体験や不安を抱えているのだということを再確認した。こういう話をもっとできる場があればいい。自分も親としてつくづくそう思う」。看護学部で教鞭を執る傍ら、昨年から地域向け講座を開くようになった。区内の子育て中のママや、保育士、幼稚園教諭などに向け、子どもの事故予防や怪我への対処法などを説いている。

 ○…臨床看護師として6年、病院の小児科に勤務。医療の現場で様々な事案を見てきた。職場では指導者として後輩たちの指導にもあたった。その経験が買われ、恩師から「教育現場で後進育成のために働いてほしい」と声がかかったのを機に、2008年から教鞭を執る。看護の道を志す学生たちの夢を支える現在の仕事にとてもやりがいを感じている。「私も学生から教えられることが本当に多い。教えるというより、一緒に成長していければと考えている」

 ○…家庭に帰れば3歳の息子の母。海外を飛び回る夫との二人三脚で子育てに励んでいる。どうしても外せない仕事にはベビーシッターを活用することも。地域向け講座には子ども同伴で参加する。先日、息子が「僕も大きくなったらママみたいに研究をするんだ」と話してくれた。「3歳でもちゃんと親の仕事を分かっているみたい。働く背中を見てくれていたのかな」と母の顔になる。

 ○…先日、横浜創英大学は緑区と地域活性や人材育成のための基本協定を結んだ。地域への様々な取り組みが強化される中で、地域講座も充実させていきたいと考えている。「子どもの事故や病気には起こりやすい年齢がある。年齢に応じた備えや対処を繰り返し学んでいただく機会を今後もつくっていければ。一度受講された方が、繰り返し参加したくなるような、そんな講座をつくっていきたいですね」

緑区版の人物風土記最新6

宮野 勝秋さん

今春の叙勲で瑞宝双光章を受章した

宮野 勝秋さん

長津田在住 78歳

5月19日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

陶山 葉子さん

東本郷地域ケアプラザの所長に就任した

陶山 葉子さん

藤沢市在住 56歳

5月5日号

星野 三喜夫さん

東洋英和女学院大学の第7代学長に就任した

星野 三喜夫さん

青葉区在住 66歳

4月28日号

加藤 幹典さん

元プロ野球選手として各地で野球教室を開き、小中学生に指導する

加藤 幹典さん

緑区出身 川和高校卒 36歳

4月21日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月14日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook