緑区版 掲載号:2014年6月26日号
  • googleplus
  • LINE

りんご病 患者数が市内最多に 3年振りに流行傾向

 伝染性紅斑(りんご病)の区内の患者報告数(第24週/6月9日〜15日)が定点あたり5・6人となり、市内最多となった。

 患者数は5月上旬頃から増え始め、同月中旬には国立感染症研究所などが定める警報レベル(定点あたりの患者数2人)に達した。流行の中心は4〜5歳児。春から初夏にかけて流行が見られることがあり、市内では2011年にも同様の傾向が見られたという。

 伝染性紅斑は患者からの飛沫、接触で感染し、10日〜20日の潜伏期間の後、頬に紅い発疹が現れる。発疹は手足にも広がるという。発疹が出る7〜10日くらい前の感染力が高いと言われ、罹患に気付かないうちに感染が広がってしまう可能性があるという。

妊婦は特に注意が必要

 妊婦が感染すると、胎児の異常や流産を引き起こす可能性があるため、注意が必要。流行時期は特に警戒し、もし感染した場合はすみやかに医療機関を受診、胎児の状態を注意深く観察することが重要とされている。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

林市長とぬくもりトーク

カフェみなみ運営委員会

林市長とぬくもりトーク

7月26日号

例年より早い生育

区内浜なし

例年より早い生育

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

初の合同防犯パトロール

白山連合自治会

初の合同防犯パトロール

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

区内飲食店で地産地消

Team VerdeTHREE STARS

区内飲食店で地産地消

7月12日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク