緑区版 掲載号:2014年9月11日号 エリアトップへ

スズメバチ 10月末頃まで要注意 相談件数が倍増

掲載号:2014年9月11日号

  • LINE
  • hatena
区内のスズメバチ相談件数
区内のスズメバチ相談件数

 区内でスズメバチに関する相談が増えている。先月24日には新治にある市民の森で散歩をしていた10人以上が刺される被害があったばかりだ。区では10月末頃までは注意が必要としている。

 区に寄せられたスズメバチに関する相談件数は7月のひと月で48件に上った。過去3年の同月間の相談件数平均24件と比較すると、ほぼ倍増していることがわかった。アシナガバチやミツバチの相談件数はほぼ例年並みであった。

 スズメバチは蜂の中でも強い毒を持ち、攻撃性も高いと言われる。4月から7月にかけ巣をつくり、近年は民家の軒先や庭の木などに巣をつくるケースが増えているという。

巣が巨大化するケースも

 区内で養蜂を営む小島忍さんによると、蜂の巣の生育には、巣を作りはじめる4月〜5月頃の雨量が影響するという。今年4月の市内の雨量は154㎜と過去3年で最も少ない。

 小島さんは「巣を作り始める時期に雨が多いと蜂が外に出られず巣内の幼虫を食べることがある。こうして蜂の数が減り、巣も小さくなる。雨が少なければ活動が活発化し、蜂の数も増える」と話す。このほか、最低気温が20度を上回ると蜂は活動を続け、30度を超えると活発に動き回るとされていることから、残暑が厳しい年には活動期間が長引く可能性がある。これからの時期は次の女王蜂を育成するため攻撃的になる蜂も増えるという。

 緑福祉保健センターは「今年は蜂の活動を盛んにする条件がそろっているとみられ、10月末頃まで注意が必要。特にこの時期は攻撃性が高くなる蜂が多く警戒が必要。巣を発見したら速やかに区まで連絡してほしい」と話している。

 蜂に関する相談・問い合わせは同センター生活衛生課(【電話】045・930・2368)。
 

緑区版のトップニュース最新6

補助制度の実績「低調」

ブロック塀改善事業

補助制度の実績「低調」 社会

申請期間延長を検討

10月21日号

給食で酒米を提供

区内市立中

給食で酒米を提供 教育

食品ロス削減の取り組み

10月21日号

地域に根ざし25回目

森の中のアートイベント

地域に根ざし25回目 社会

「多くの人に訪れてほしい」

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

人と人とで編みつなぐ

人と人とで編みつなぐ コミュニティ社会

十日市場でヤンボミ開催

10月7日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

9月30日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook