緑区版 掲載号:2014年9月11日号 エリアトップへ

横浜環境活動賞市民の部で実践賞を受賞した青少年みどり遊楽舎の代表を務める 椿 信一さん 港北区在住 81歳

掲載号:2014年9月11日号

  • LINE
  • hatena

「自然の大切さ」子どもたちに

 ○…市内小学校の生活科の授業で森林・水辺の観察や「むかし遊び」を指導する。会が発足して7年、陰ながら教育現場を支えてきた活動が賞を受けた。「メンバーの地道な活動や陰ながらの努力があったから。ひとり一人の思いが認めてもらえたようで嬉しい」と感慨もひとしおだ。「インターネットで何でも調べられる時代」だからこそ、自分の目で見て、触れて感じる自然体験にこだわる。「自然に触れ、心が動いた体験を多くの子どもたちの心に残してやれたら」

 ○…東京都出身。約50年前に現在の住まいに越してきた。金融関係の仕事につく傍ら、会社の山岳部に入り野山を歩いた。そこで感じた自然への感謝を行動に示したいと、「新治市民の森愛護会」の活動に参加。間伐や清掃活動の合間に行っていた森のガイドで多くの子どもたちと接するようになった。「子どもたちの素直な心や反応が嬉しくて」。森の木々や動植物が教えてくれる感動をもっと伝えたいと今の活動を始めた。

 ○…現在は緑区内にある小学校のうち、約半数の生活科の授業に協力している。「春探し」「秋探し」や遠足などに参加し、一緒に自然を満喫している。小学1年生だった児童らが翌年の授業ではすっかり成長している姿にはいつも驚きを隠せない。「自分の孫より幼い子どもたちだけどね、成長を垣間見ると嬉しくなってしまう」

 ○…これからの時代、「地域で教育を支えていくこと」が大切だと感じている。「安定的に支援を続けていくためには、緑区内に複数存在する自然体験支援のグループや学校、行政などが横の繋がりを大切にし、協力していくことが必要だと感じている。会員ひとり一人が持つノウハウを総動員し、豊かな自然環境を活かしたこの地域ならではの教育支援の機会を増やしていけたら」。そう語る視線は、子どもたちの豊かな未来を見据えている。

緑区版の人物風土記最新6

城守 夏恋(かれん)さん

初のオンライン開催となった学園祭「かえで祭」で実行委員長を務める

城守 夏恋(かれん)さん

東洋英和女学院大学3年

10月21日号

岡部 光雄さん

長津田の歴史をこのほど一冊の本にまとめた

岡部 光雄さん

長津田在住 88歳

10月14日号

堀尾 伸二さん

第一線で活躍する音楽家を招いた演奏会を長津田で定期的に企画している

堀尾 伸二さん

長津田在住 60歳

10月7日号

谷川 真祐子さん

長津田を中心に活動するハンドベルサークル「OBA(おば)サウンズ」代表を務める

谷川 真祐子さん

町田市在住 54歳

9月30日号

斎藤 淑子さん

旧緑区(現・青葉区)で起きた米軍機墜落事故を語り継ぐ活動を行う

斎藤 淑子さん

長津田在住 82歳

9月23日号

韓 昌熹(はん ちゃんひ)さん

みどり国際交流ラウンジで地域コーディネーターを務める

韓 昌熹(はん ちゃんひ)さん

相模原市在住 35歳

9月16日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハンドメイドバザール開催

ハンドメイドバザール開催

24日、霧が丘デポー近辺で

10月24日~10月24日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook