緑区版 掲載号:2014年9月18日号 エリアトップへ

区中華組合が児童施設慰問 食の大切さ伝える

掲載号:2014年9月18日号

  • LINE
  • hatena

 緑区内の中華料理店らで構成される「緑中華食彩組合」(蒲野豊組合長)は先ごろ、青葉区の乳幼児・児童擁護施設「中里学園」で子どもたちにつくりたての中華料理を振る舞った(=写真)。

 「食べることの大切さを子どもたちに伝えたい」と同組合が2005年にスタートさせたこの取り組みは「チャイニーズレストラン中里」の愛称で毎年同時期に開催されてきた。

 10回目となった今回は組合員ら約10人が参加。サンマー麺や炒飯、餃子を調理し、子どもたちを喜ばせた。

 10年間調理を担当してきた鳥海文雄さんは「子どもたちの喜んで食べてくれる姿を見ると、料理人としての初心の気持ちを思い出させてくれる。今回で10回目となったが、今後も可能な限りこの取り組みを続けていきたい」と話していた。

緑区版のローカルニュース最新6

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月16日号

選手の写真を展示中

東京パラリンピック

選手の写真を展示中 文化

ラポール・宮地さんが撮影

9月16日号

今週末に野毛大道芸

今週末に野毛大道芸 文化

感染症対策施し、屋内開催

9月16日号

バス乗車で思い出づくり

市交通局

バス乗車で思い出づくり 社会

対象は市内3校・園

9月16日号

南国果物を販売

横浜市庁舎

南国果物を販売 経済

9月16・27日に

9月16日号

「横浜とラグビー」一冊に

「横浜とラグビー」一冊に スポーツ

保土ケ谷区在住の長井さん

9月16日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook