緑区版 掲載号:2014年9月18日号 エリアトップへ

霧が丘連合自治会 塚田会長に防犯栄誉金章 夜間パトロールを定着化

掲載号:2014年9月18日号

  • LINE
  • hatena
パトロール用の提灯を手にする塚田さん
パトロール用の提灯を手にする塚田さん

 霧が丘連合自治会会長を務める塚田順一さん(66歳)が先ごろ、全国の防犯功労者に授与される「防犯栄誉金章」を受賞した。霧が丘地区の地域住民による防犯パトロールを定着化させるなど、18年間に渡る防犯活動が評価された。

 「防犯栄誉金章」は、各都道府県防犯協会会長と警視総監や道府県警察本部長が協議のうえ、銀章を授与されてから3年以上が経過した人から選ばれる。今年度は全国から92人が選ばれ、横浜市からは塚田さんひとりが選出された。

 塚田さんは1996年頃、霧が丘地域の公共施設や小売店の窓ガラスが夜間に割られる事件が相次いだことから、夜間の防犯パトロールを地域住民に呼びかけ開始した。

 当初は50人程度の参加だったが、参加者にパトロール実施日を知らせる便りを送ったり、パトロール用の帽子や提灯などを用意して参加者の意識を高めるなどの工夫を重ね、現在、170人まで参加者を増やしてきた。

 パトロールは当初、週3回行っていたものを現在は毎週土曜日に固定し、参加者をグループに分けて1回当たり20人程度で実施している。

 塚田さんは「このような賞を頂けてうれしい。防犯活動に参加してくれている地域の皆さんの協力があってこそ受賞できたと思う。パトロールは地域の顔の見える関係づくりにもつながる。今後も参加者を増やしていきたい」と喜んでいる。

 霧が丘地域で小売業を営む男性は「夜間パトロールを実施してくれるおかげで安心して商売ができる。夜、街でたむろしている人も見なくなった」と話している。

 同章の授与式「全国地域安全運動中央大会」は9月25日、東京・明治記念館で行われる。

緑区版のトップニュース最新6

80代プログラマーに学ぶ

緑区制50周年記念講演会

80代プログラマーに学ぶ 社会

高齢者の生きがいテーマ

7月11日号

市負担増で見直しへ

敬老パス

市負担増で見直しへ 社会

検討会設置し、方向性探る

7月11日号

学校・病院、全面禁煙に

健康増進法7月1日改正

学校・病院、全面禁煙に 社会

市、1万4千施設調査へ

7月4日号

林市長と課題など共有

区民音楽祭実行委

林市長と課題など共有 文化

24日の「ぬくもりトーク」で

7月4日号

フレーム切手を共同作成

緑区制50周年記念

フレーム切手を共同作成 社会

7月1日販売開始

6月27日号

諸対策講じ受診率向上へ

市特定健診

諸対策講じ受診率向上へ 社会

無料化認知進み、問合せ増

6月27日号

環境大臣表彰を受賞

三保小学校

環境大臣表彰を受賞 教育

写真撮影で魅力発見

6月20日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月11日号

お問い合わせ

外部リンク