緑区版 掲載号:2014年9月18日号 エリアトップへ

霧が丘連合自治会 塚田会長に防犯栄誉金章 夜間パトロールを定着化

掲載号:2014年9月18日号

  • LINE
  • hatena
パトロール用の提灯を手にする塚田さん
パトロール用の提灯を手にする塚田さん

 霧が丘連合自治会会長を務める塚田順一さん(66歳)が先ごろ、全国の防犯功労者に授与される「防犯栄誉金章」を受賞した。霧が丘地区の地域住民による防犯パトロールを定着化させるなど、18年間に渡る防犯活動が評価された。

 「防犯栄誉金章」は、各都道府県防犯協会会長と警視総監や道府県警察本部長が協議のうえ、銀章を授与されてから3年以上が経過した人から選ばれる。今年度は全国から92人が選ばれ、横浜市からは塚田さんひとりが選出された。

 塚田さんは1996年頃、霧が丘地域の公共施設や小売店の窓ガラスが夜間に割られる事件が相次いだことから、夜間の防犯パトロールを地域住民に呼びかけ開始した。

 当初は50人程度の参加だったが、参加者にパトロール実施日を知らせる便りを送ったり、パトロール用の帽子や提灯などを用意して参加者の意識を高めるなどの工夫を重ね、現在、170人まで参加者を増やしてきた。

 パトロールは当初、週3回行っていたものを現在は毎週土曜日に固定し、参加者をグループに分けて1回当たり20人程度で実施している。

 塚田さんは「このような賞を頂けてうれしい。防犯活動に参加してくれている地域の皆さんの協力があってこそ受賞できたと思う。パトロールは地域の顔の見える関係づくりにもつながる。今後も参加者を増やしていきたい」と喜んでいる。

 霧が丘地域で小売業を営む男性は「夜間パトロールを実施してくれるおかげで安心して商売ができる。夜、街でたむろしている人も見なくなった」と話している。

 同章の授与式「全国地域安全運動中央大会」は9月25日、東京・明治記念館で行われる。

緑区版のトップニュース最新6

団地の未来を考える

竹山住宅管理組合協議会

団地の未来を考える 社会

「実現可能なビジョンを」

9月23日号

市、オンライン申請を導入

証明書発行

市、オンライン申請を導入 社会

時間・場所問わず可能に

9月23日号

コロナ禍で端末活用加速

横浜市立小中学校

コロナ禍で端末活用加速 教育

一律での実施に課題も

9月16日号

鴨居の桜5本を伐採

緑区

鴨居の桜5本を伐採 社会

「倒木の危険から守るため」

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

住民提案で静かな夏祭り

東向地団地自治会

住民提案で静かな夏祭り コミュニティ社会

夜の川辺にランプ灯し

9月9日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook