緑区版 掲載号:2014年9月25日号 エリアトップへ

資源循環局緑事務所 児童に「食品ロス削減」訴え 鴨居小で出前講演

掲載号:2014年9月25日号

  • LINE
  • hatena
キャラクターの登場に会場が沸いた
キャラクターの登場に会場が沸いた

 資源循環局緑事務所は17日、市立鴨居小学校の全校児童に向けた出前講演を行い、食品ロス削減を訴えた。未来を担う子どもたちにごみ削減を訴えることで2025年までの長期的なごみ減量計画に対応していきたいとしている。

 「食べずに捨ててしまう食品を減らそう」――。

 鴨居小学校(大森英司校長/児童数477人)での出前講演はごみ削減を訴え各地で啓発活動を行っている同事務所と、子どもたちの心に残る環境学習をと考える同小学校との協力で実現した。区内の小学校で全校児童に対しごみ削減について訴えるのは初めての試み。

 講演では資源循環局職員がスライドやパネルなどを用い、食品ロスの削減について児童らに語りかけた。職員が「1kgの豚肉を廃棄するとその飼育にかかる7kgの飼料と1万2600リットルの水が無駄になると言われている。皆さんも残さず食べ、家庭ででる食品ロスを減らして欲しい」と話すと、児童は真剣な面持ちで耳を傾けた。

キャラクターが登場

 講演の後には、「ヨコハマ3R夢プラン」のキャラクターの「イーオ」、「3R夢戦隊シボレンジャー」が登場した。

 同事務所の石倉保男所長は「今日の講演をきっかけに、子どもたちの心に食品ロスを減らそうという意識が芽生えてくれたら。食育の観点から考えても、子どもたちへの啓発活動はとても有効だと考える。今後も各地でこのような機会を増やし、大人も子どもも一緒になって取り組める環境をつくっていきたい」と話していた。

緑区版のトップニュース最新6

公民連携で整備検討

四季の森公園

公民連携で整備検討 社会

収益施設の市場性など調査へ

8月15日号

学べず、眠れず、食べられず

十日市場町在住加藤さん

学べず、眠れず、食べられず 社会

戦争体験者インタビュー

8月15日号

暑さ対策 ミスト設置推進

横浜市

暑さ対策 ミスト設置推進 社会

商店街や駅などで整備

8月8日号

日照不足に負けずに成長

区内浜なし

日照不足に負けずに成長 経済

8月上旬から販売を開始

8月8日号

食品ロス、アプリで削減へ

横浜市

食品ロス、アプリで削減へ 社会

民間企業と連携

8月1日号

郵便ハガキで詐欺防ぐ

地元企業13社

郵便ハガキで詐欺防ぐ 社会

1万4000枚を配達

8月1日号

女子円盤投げで全国へ

霧が丘高校陸上部

女子円盤投げで全国へ スポーツ

柿沼さん、城戸さんの2人

7月25日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク