緑区版 掲載号:2014年11月20日号 エリアトップへ

白山町高倉公園愛護会 市から団体表彰受ける 子どもの遊び場作りに功績

社会

掲載号:2014年11月20日号

  • LINE
  • hatena
受賞を喜ぶ井上正和会長(左)と井上敏正会長
受賞を喜ぶ井上正和会長(左)と井上敏正会長

 市内公園の美化や保全などに取組む公園愛護会を表彰する「平成26年度横浜市公園愛護会表彰式」が7日行われ、区内では「白山町高倉公園愛護会」(井上正和会長)が団体表彰を受賞した。

 市公園愛護会は、公園の清掃や草刈り、利用マナーの啓発などを行うボランティア団体。2014年3月末現在、市内2638公園に対して2417団体の登録がある。

 「白山町高倉公園愛護会」は13年7月に発足。不法投棄などで子どもが安心して遊べる環境になかった公園を清掃、整備するなどしてきた。同公園を子どもたちの笑顔でいっぱいにしたいと、現在は子どもたちを巻き込んだ樹名板作成、朝顔の栽培を行っている。また、子どもたちに自主性をもって公園イベントに取り組んでもらうために、子どもたちとイベントの企画を考えるミーティングを定期的に開催している。

 井上会長は「こんな素晴らしい賞を頂くことができて驚いている。私を含め男性4人で活動している団体。会員を増やし活動を発展させていきたい」と喜んでいる。市は「団体表彰は原則5年以上活動している会が対象となるが、子どもたちを巻き込んでの活動は他の会の手本になると評価した」としている。

個人表彰は井上敏正さんに

 10年以上、公園愛護会会長を務めた個人に送られる

個人表彰は「いぶき野第一〜六公園愛護会」の井上敏正会長が受けた。井上会長は約150人の「いぶき野第一〜六公園愛護会」会員と共に公園美化に取り組んできた点や、公園清掃を定期化し会員同士が交流できる場としたことなどが評価された。「賞は会でもらったものと認識している。これからも公園での活動を地域交流の場として活用していきたい」と同会長は話している。

緑区版のトップニュース最新6

アートパークで2日間

長津田音祭り

アートパークで2日間 文化

ジャズ企画も実施決定

11月14日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月14日号

和洋の垣根超えコラボ

マルヤそら

和洋の垣根超えコラボ 経済

ラムレーズンで商品開発

11月7日号

内水氾濫に備え、下水強化

横浜市

内水氾濫に備え、下水強化 社会

多面的に対策推進

11月7日号

いじめ認知件数、過去最多

公立小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

10月31日号

地域交流の思い広がる

いぶき野太田さん宅

地域交流の思い広がる 社会

コミカフェの利用者増

10月31日号

高まる重要性 活用に本腰

ハザードマップ

高まる重要性 活用に本腰 社会

市、「規模超え溢水ある」

10月24日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク