緑区版 掲載号:2014年11月20日号 エリアトップへ

よこはま地域包括ケア計画 「高齢者ケアは地域で」 市、福祉計画素案を発表

社会

掲載号:2014年11月20日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は「よこはま地域包括ケア計画」(第6期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画)素案をまとめた。高齢者の活躍や、住み慣れた地域で自分らしく生活する地域包括ケアシステムの展開を目指し住民やNPOなど「地域資源」を生かした取り組みを進める。

 計画は3年ごとに市町村で見直され、第6期の計画期間は15年度から17年度。第5期計画で掲げた「地域包括ケアの実現」を更に進め、団塊の世代が75歳以上となる2025年を見据えて、介護サービスの充実や高齢者を支える地域づくりを進める方針だ。

 横浜市内の高齢者人口は83・6万人で高齢化率22・5%(10月1日時点)。17年には89・5万人で24%となる見込みで、25年までには要介護認定者数も増加し続けると見込まれている。

 計画では、伸び続ける医療費・介護給付費を抑えるために取り組まれてきた「第2期健康横浜21」を推進、現在重点的に取り組まれている「よこはまシニアボランティアポイント事業」の拡大を予定。元気な高齢者も支える側にまわることで、本人の生きがいづくりや介護予防、社会参加を促進する。担当者は「今年10月には登録者が1万人を超えている。今後も増加を目指したい」と話す。地域ぐるみで介護予防を行い、活動支援者育成も目指す「元気づくりステーション事業」の拡充も盛り込まれている。

住民主体のサービスへ

 一方、来年度の介護保険法改正により、要支援1・2の通所介護と訪問介護が給付事業から市町村が行う「地域支援事業」に移行することも決まった。市は、厚労省が示すガイドラインに基づきNPOやボランティア、地縁組織など住民が主体となるサービス提供の充実を目指す。移行によりヘルパーなどの資格を持たない事業所なども参入が可能になることから、サービスの質の確保が求められる。市は「本格移行となる17年度からは質の確保のためある程度の基準を設ける可能性もある」としている。

各区で説明会も

 市は12月22日までパブリックコメントを実施。明日21日からは全区で順次説明会を開始する=表参照。意見を踏まえて年明けに計画最終案を取りまとめ、今年度中に計画を策定する。

緑区版のトップニュース最新6

和洋の垣根超えコラボ

マルヤそら

和洋の垣根超えコラボ 経済

ラムレーズンで商品開発

11月7日号

内水氾濫に備え、下水強化

横浜市

内水氾濫に備え、下水強化 社会

多面的に対策推進

11月7日号

いじめ認知件数、過去最多

公立小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

10月31日号

地域交流の思い広がる

いぶき野太田さん宅

地域交流の思い広がる 社会

コミカフェの利用者増

10月31日号

花いっぱい活動に広がり

霧が丘

花いっぱい活動に広がり 社会

ぷかぷかメンバー初参加

10月24日号

高まる重要性 活用に本腰

ハザードマップ

高まる重要性 活用に本腰 社会

市、「規模超え溢水ある」

10月24日号

高橋選手、念願の新王者に

ボクシング

高橋選手、念願の新王者に スポーツ

K&Wジム(十日市場)所属

10月17日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月7日号

お問い合わせ

外部リンク