緑区版 掲載号:2014年12月4日号 エリアトップへ

インフルエンザ 患者数、昨年の倍ペースに 区内流行の最盛期早まる見方も

社会

掲載号:2014年12月4日号

  • LINE
  • hatena

 市は11月27日、区内インフルエンザの患者数が流行の基準となる定点あたり1・00人を上回る4・00人であることを公表した。昨年よりも早いペースで患者数が増えていることから、市は例年よりも早く、流行の最盛期を迎える可能性があると注意を呼びかけている。

 市は流行の目安となる患者数(定点あたり)を1・00人と定めている。緑区では11月17日から23日の1週間で患者数が4・00人となり、流行期に突入した。

 患者数に目をむけると、昨シーズン、定点あたり4・00人を超えたのは、1月の2週目。1カ月以上早いペースで患者数が増えていることから、市は流行の最盛期も前倒しになる可能性があるとみて注意を呼びかけている。

 インフルエンザは感染力が強い特徴があり、流行期に入ると一気に広まる傾向がある。例年12月下旬頃から流行期に入り、その後一気に最盛期となり、4月頃までに終息を迎えるが、市は「断言はできないが、患者数の推移を見ると例年より早くピークを迎える可能性がある」と話す。

小中学生の感染増える傾向に

 市健康福祉局に所属する医師の岩田眞美氏は「11月以降、気温が急激に下がったことに身体が対応できなかったことなどが要因として考えられる。10から14歳の小中学生の患者が増えているようだ。学校内の感染に気をつけてもらいたい」と市内の流行の状況を分析する。

 対策としては、手洗いやうがいの徹底、マスクの着用などの基本的な取組みのほか、栄養と睡眠をしっかりと取る、規則正しい生活を送ることが大切としている。

 市は現在、流行情報を市のホームページ上で公開しているほか、警報レベルに至った場合には記者発表などを行い、注意を呼びかけていく方針でいる。

緑区版のトップニュース最新6

地域に根ざし25回目

森の中のアートイベント

地域に根ざし25回目 社会

「多くの人に訪れてほしい」

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

人と人とで編みつなぐ

人と人とで編みつなぐ 社会

十日市場でヤンボミ開催

10月7日号

風水害に備える出前研修

緑区

風水害に備える出前研修 社会

自治会やPTA対象に

9月30日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

9月30日号

市、オンライン申請を導入

証明書発行

市、オンライン申請を導入 社会

時間・場所問わず可能に

9月23日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook