緑区版 掲載号:2014年12月11日号 エリアトップへ

12月21日、みどりーむで行われるサロンふらっとの講師として民謡の歴史を語る 都筑 秀音さん 北八朔町在住 74歳

掲載号:2014年12月11日号

  • LINE
  • hatena

伝承者育成に全力注ぐ

 ○…緑区内での一般向け講座に初めて登壇する。全日本民謡民舞歌謡連盟理事長などを歴任する傍ら、民謡歌手として昭和を生きる中で培った技術や見識を多くの人に伝えたいと活動を続ける。「民謡や民舞は後を継ぐ者がどんどん少なくなっている。日本人の文化を一人でも多くの人に知ってもらいたい」。講座では、意外と知られていない三味線や尺八のルーツや歴史について、一般にも分かりやすく伝えるつもりだ。「少しでも面白いと興味を持ってもらえれば」と意気込む。

 ○…横浜市生まれ。学校卒業と同時に宮大工に弟子入りし、腕を磨いた。東京五輪を機に建設ラッシュに沸く東京で代々木体育館などの建設に携わるため20代で横浜に戻ってきた。趣味で十代の頃から続けてきた太鼓や民謡の腕を買われ、本格的にデビューしたのが37歳の頃。以後、演歌歌手への転身など時代とともに様々な音楽と寄り添い、約20年前に民謡の世界に戻ってきた。

 ○…幅広い分野で特許を取得するなど、独自の発想で未来を切り開く「アイデアマン」。折れにくいプラスチック製の三味線のバチや、その時々の職業や趣味の分野で数々の特許を取得してきた。最近取得した特許は、歌を歌う時の発声法で健康づくりを提案する「全身体整体発声」。今後地域向けにセミナーを開くなどして民謡の魅力と健康づくりを発信していく方針だ。「既存の技術をより良くする方法を常に考えている」

 ○…難しい名取制度や階級的な雰囲気が後継者不足を招いた一つの要因だと考える。「何かひとつでも技術を身に付けたら、その事においては先生として認め、人に教える機会を与えてもいいのでは」。民謡歌謡における様々な技術を細かく体系化し、資格認定を行う「気軽に学べる指導者支援養成所」を展開しようと目下奔走中だ。民謡歌謡の素晴らしさを未来に繋ぐため全力を注ぐ思いは少しも揺るがない。

緑区版の人物風土記最新6

岡部 光雄さん

長津田の歴史をこのほど一冊の本にまとめた

岡部 光雄さん

長津田在住 88歳

10月14日号

堀尾 伸二さん

第一線で活躍する音楽家を招いた演奏会を長津田で定期的に企画している

堀尾 伸二さん

長津田在住 60歳

10月7日号

谷川 真祐子さん

長津田を中心に活動するハンドベルサークル「OBA(おば)サウンズ」代表を務める

谷川 真祐子さん

町田市在住 54歳

9月30日号

斎藤 淑子さん

旧緑区(現・青葉区)で起きた米軍機墜落事故を語り継ぐ活動を行う

斎藤 淑子さん

長津田在住 82歳

9月23日号

韓 昌熹(はん ちゃんひ)さん

みどり国際交流ラウンジで地域コーディネーターを務める

韓 昌熹(はん ちゃんひ)さん

相模原市在住 35歳

9月16日号

森 卓爾さん

世界遺産の魅力を伝える講座を開催している

森 卓爾さん

霧が丘在住 74歳

9月9日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook