緑区版 掲載号:2014年12月11日号 エリアトップへ

長津田在住の内田さん 「市民の手で『子ども大学』を」 来年度開校目指す

教育

掲載号:2014年12月11日号

  • LINE
  • hatena
大学について語る内田さん
大学について語る内田さん

 長津田在住の編集者内田ふみ子さんが現在、市民ボランティアが小学生に授業を行う「子ども大学よこはま」の来年度開校に向け準備を進めている。子どもたちに家庭と学校以外の人と接する機会をつくることで、幅広い視野や社会性を身につけてもらいたい考えだ。

 教育関連の書籍の編集にあたる内田さんが大学開設の準備を始めたのは約1年前。仕事などを通して知り合った教員やデザイナー、心理カウンセラーなど約10人の仲間と共に活動を進めている。5年前に、大学教授などの市民ボランティアが小学生に授業を行う「子ども大学かわごえ」が埼玉県川越市に開校したことを知り、その活動に興味をもったのがきっかけ。

 「子ども大学」は2002年にドイツの大学で始まった試みで、ボランティアで大学教授らが子どもたちに授業を教えている。現在はドイツを中心に欧州各国で100校近くが開校している。日本では川越市のほか、鎌倉市、群馬県沼田市で開かれている。

 こうした取り組みは、家庭と学校という領域以外の人と接する機会を子どもたちに提供することで、幅広い視野の育成や、社会性を身につけてもらいたいという考えの広まりと共に始まった。 

 ドイツの例では、大学教授らが主体となって設立に動いたが、内田さんは「日本では協力してくれる大学教授はまだまだ少ない。現役時代、様々なキャリアを積んで定年を迎えた技術者や教師などを迎え、バラエティに富んだ講師を集め挑みたい」と話す。

 「子ども大学よこはま」は、1年間にわたって社会やスポーツ、音楽、横浜の歴史などについて、各分野の市民講師から児童が学べるようにする。対象は市内中心の小学4〜6年生。テーマごとに市内の様々な場所で出前授業を行っていく予定だ。

 12月13日には、横浜市開港記念会館で同大学の開校記念シンポジウムが開かれる。

 市内小学生とその保護者や、子育てに関心のある市民、教職員などが対象。申込み不要で参加無料。定員200人。

 問い合わせは「子ども大学よこはま」を設立する会・内田さん【携帯電話】090・3903・6875。

緑区版のトップニュース最新6

補助制度の実績「低調」

ブロック塀改善事業

補助制度の実績「低調」 社会

申請期間延長を検討

10月21日号

給食で酒米を提供

区内市立中

給食で酒米を提供 教育

食品ロス削減の取り組み

10月21日号

地域に根ざし25回目

森の中のアートイベント

地域に根ざし25回目 社会

「多くの人に訪れてほしい」

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

人と人とで編みつなぐ

人と人とで編みつなぐ コミュニティ社会

十日市場でヤンボミ開催

10月7日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

9月30日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハンドメイドバザール開催

ハンドメイドバザール開催

24日、霧が丘デポー近辺で

10月24日~10月24日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook