緑区版 掲載号:2014年12月18日号 エリアトップへ

地場野菜直売所 仮設庁舎でも営業開始 区役所耐震工事に伴い

経済

掲載号:2014年12月18日号

  • LINE
  • hatena
地元農家が生産した野菜が並ぶ
地元農家が生産した野菜が並ぶ

 緑区役所が地産地消などを目的に設置している「とれたてみどり直売所さら」が今月から、耐震補強工事に伴い一部業務を移転して行っている仮設庁舎でも販売を開始した。利用者の利便性を考慮したもの。

 仮設庁舎での地場野菜の販売は今月4日から始まった。これまでは本庁舎で週2回販売を行っていたが、利用者の利便性を考慮するなどして、区役所の耐震補強工事に伴い役所の一部業務を移している仮設庁舎でも販売を開始。毎週木曜に本庁舎、仮設庁舎でそれぞれ販売を行っている(週1回)。

 時間はこれまで通り午前10時から開始し、売り切れ次第終了となる。

 区役所担当課では「12月は野菜の品数、数量ともに豊富な時期。この機会に多くの方に新鮮な旬の味を楽しんでいただき、地産地消を進めていきたい」と話している。

 同直売所は地産地消の推進と障害者の就労支援などを目的に区が2013年から設置を始めた。運営販売は公募で選定された特定非営利活動法人横浜市精神障がい者就労支援事業会「横浜SSJさら」が行っている。

PRイベントも

 緑区役所は仮設分庁舎での販売開始をPRする目的で12月20日、横浜市営地下鉄グリーンライン「中山駅」コンコースでの地場野菜特別販売を実施する。

 時間は午前11時から午後1時まで。売り切れ次第終了となる。この特別販売に関する問い合わせは同直売所(【携帯電話】090・2528・542直通)へ。

緑区版のトップニュース最新6

団地の未来を考える

竹山住宅管理組合協議会

団地の未来を考える 社会

「実現可能なビジョンを」

9月23日号

市、オンライン申請を導入

証明書発行

市、オンライン申請を導入 社会

時間・場所問わず可能に

9月23日号

コロナ禍で端末活用加速

横浜市立小中学校

コロナ禍で端末活用加速 教育

一律での実施に課題も

9月16日号

鴨居の桜5本を伐採

緑区

鴨居の桜5本を伐採 社会

「倒木の危険から守るため」

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

住民提案で静かな夏祭り

東向地団地自治会

住民提案で静かな夏祭り コミュニティ社会

夜の川辺にランプ灯し

9月9日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook