緑区版 掲載号:2015年1月22日号 エリアトップへ

パブリックコメント 意見提出、1.6万人に1人 低調傾向に「限界説」も

社会

掲載号:2015年1月22日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市が重要な計画を策定する際、市民の意見を聞く手段の一つとしている「パブリックコメント」(パブコメ)。過去10年、市民の意見提出者が50人以下だったものが4割を占め、平均で市民約1万6千人に1人の提出にとどまることが分かった。意見の反映率も約5%で、専門家からは「パブコメでの意見反映には限界がある」との声も聞かれる。

 市は市民との協働による市政の推進を図るため、2003年からパブコメを開始。重要と判断した32の計画を基本とし、それに準ずる計画でも行っている。

 実施する場合は、広報や市のホームページで告知。郵送やメールなどで1カ月間以上、意見を受け付ける。

 過去10年で実施した69計画で意見提出者が最も多かったのは、06年の「長期ビジョン素案」で、4715人から1万172件が寄せられた。ほかには、教育や交通に関する計画に意見が多く集まる傾向がある。一方、13年10月の「国民保護計画の変更」が5人(5件)にとどまるなど、提出50人以下が全体の約4割を占めた。1計画平均227人で、市民約1万6300人に1人の計算となる。

 市民局は「1人だけの意見でも、貴重なものもある」と人数や件数にこだわらない姿勢を見せる。しかし「周知方法の工夫が必要」と課題も口にする。

 14年9月に行った「中期4か年計画」のパブコメでは、計画案を説明した広報特別版を新聞折込で配布するなどした結果、502人から1162件が寄せられた。ほかにも、事前に説明会を開くケースもあり、同局は「大事な計画を市民に知っていただけるように努力したい」という。

 結果が公表されている14年度の9計画には合計で2659件の意見が出たが、実際の計画に反映されたのは4・6%の123件。反映されたものでも「文言やグラフを分かりやすくする」といった主要部分に関係のないものが多い。

 全国のパブコメに詳しい四日市大学の松井真理子教授は「市民が公式に意見を言え、公式に回答が得られる手段である」と言うものの「どこの自治体も計画案がほぼ固まった状態で実施しており、寄せられた市民の意見を計画に反映させるには限界がある」と話す。
 

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

個別避難計画 作成進まず

災害時要援護者

個別避難計画 作成進まず 社会

市、福祉と連携し整備急ぐ

8月4日号

中山小でボランティア

神大アイスホッケー部

中山小でボランティア 社会

活動通し「部員の成長を」

8月4日号

八十周年記念誌作成進む

長津田自治連合会

八十周年記念誌作成進む 社会

「愛着持ってもらいたい」

7月28日号

不登校児の学習支援 拡充

横浜市

不登校児の学習支援 拡充 教育

オンライン教材を活用

7月28日号

レシート活用で20%還元

横浜市

レシート活用で20%還元 経済

食料品やガソリンも対象

7月21日号

多文化交流の拠点整備へ

霧が丘

多文化交流の拠点整備へ 社会

NPO法人がクラファン

7月21日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook