緑区版 掲載号:2015年1月29日号 エリアトップへ

横浜瀬谷ボーイズ出身の投手で、プロ野球・ソフトバンクへの入団が決まった 松本 裕樹さん 瀬谷区出身 18歳

掲載号:2015年1月29日号

  • LINE
  • hatena

全てが勝負、ただ無心で

 ○…「野球を始めた頃から、プロは目標で夢だった」。表情を変えず淡々と語る姿は、マウンド上と少しも変わらない。盛岡大附属高ではエース右腕として、最速150キロの速球と、抜群のコントロールを武器に活躍。堂々のドラフト1位指名でソフトバンク入団を決めた。「プロの世界でやれるのが楽しみ」。生まれ育った横浜から盛岡、そして福岡へ。新天地での挑戦に向け、胸が高鳴る。

 〇…野球との出会いは年中の頃、2歳上の兄に付いて参加した南瀬谷ライオンズの練習。テレビに映る、横浜高出身の松坂大輔投手に釘付けになった。「とにかく、すごく速い球だった」。中学で横浜瀬谷ボーイズに入団し、家とグラウンドを往復し続ける日々。「大変でも、ただやるだけ。1日ずつ目の前の練習に向かうのみ」。入団時からのメンバーが半減した14期生を引っ張り、新体制での初優勝に攻守で貢献した。

 〇…高校の進学先は、野球に打ち込める環境を求めて決断。「地元を離れることに抵抗はなかった。寮生活も、甘える環境がなくて良かった」。長靴を履いての雪上練習も想定内で、きついと感じたことはなかった。高校最後の夏、岩手大会決勝は「優勝すること、相手を倒すことにチーム全体で向かえた」印象深い一戦に。花巻東を逆転で下し、前年の雪辱を果たした。迎えた2年ぶりの甲子園。痛めた肘は万全な状態ではなかったが、「思い通りじゃなくても何かできる。集中して、やれることをやるだけ」。大舞台でも特別な意識や気負いはなく、打者をどう抑えるか考え続けた。

 〇…休日は何もせず体を休める時もあれば、走ってトレーニングする日も。「野球しかしてこなかった」。そんな18年間。この先10年、20年と長く続けられる選手が理想だ。子どもたちには、「夢は持ってもらいたい」と背中を押す。どんな言葉より、選手として活躍する姿、「プレーを見てもらいたい」。ぶれずに、走り続ける。
 

緑区版の人物風土記最新6

松田 弘さん

横浜市交通局での経験を生かし、「山下地区ささえあいバス」を運転する

松田 弘さん

北八朔町在住 82歳

5月13日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

5月7日号

大石 洋一さん

障害のことを伝えるオンラインイベントを企画している

大石 洋一さん

十日市場町在住 52歳

4月29日号

根岸 あすみさん

まちプラの代表を務める

根岸 あすみさん

霧が丘在住 36歳

4月22日号

桐(きり) 洋生(ひろたか)さん

長津田地域ケアプラザの所長に着任した

桐(きり) 洋生(ひろたか)さん

青葉区在住 49歳

4月15日号

村尾 純(まこと)さん

4月1日に開所する山下地域ケアプラザの所長に着任する

村尾 純(まこと)さん

相模原市在住 50歳

4月1日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter