緑区版 掲載号:2015年2月19日号 エリアトップへ

いぶき野小で読み聞かせボランティアを行う「おはなしBOX」の代表を務める 五十嵐 美穂子さん 長津田みなみ台在住 44歳

掲載号:2015年2月19日号

  • LINE
  • hatena

子どもの瞳の「キラキラ」見たい

 ○…市立いぶき野小学校の児童らの読書推進のための活動に力を注ぐ。週1回の読み聞かせのほか、お勧め絵本掲示の装飾、書籍の補修などを行う。保護者など約50人が登録し、子どもたちと読書との出会い作りに励む。自身は子どもの入学とともに会に登録し、4年目。主に読み聞かせ部門を担当し、子どもたちと対峙してきた。「子どもたちが目をキラキラと輝かせる瞬間がたまらなく好き。あの瞳のためにやっているようなもの」とほほ笑む。

 ○…24歳までをいぶき野で過ごし、一度は伊勢原市などに引っ越したが、子どもの小学校進学とともに現在の棲家に戻ってきた。幼少の頃から本が好きで、小学4年生になる息子にもよく絵本を読んで聞かせていた。「ファンタジーな物語が特に好き。一瞬でその世界へと入り込むことができるから」。創造性や他者への思いやりなど、お話を通じて様々なことを教えてくれる「絵本の力」を信じている。

 ○…仕事と子育ての両立に、学校でのボランティア活動が加わり、1週間は瞬く間に過ぎていく。それでも欠かさずチェックする書店では、絵本コーナーへと自然に足が向かってしまう。「どんな新刊が出ているか、どんな絵本が喜ばれるか。私たちにとって学校の児童らは全て自分の子どものようなもの。この活動を始めて子どもが増えた分、本選びも楽しい作業」とやりがいを噛みしめる。

 ○…読み聞かせを始めて、自分たちの世代なら誰もが知っている昔ばなしを知らない子どもが増えていると感じた。「これだけ新刊の絵本が世にあふれる中で、定番と呼ばれる昔ばなしを聞く機会がもしかしたらないのかも。今後そういう機会を設けていければ」。会が10年目を迎え、いぶき野小に脈々と続く読書推進のバトンをしっかりと次世代に繋ぎたいという気持ちを再確認した。「素晴らしいこの活動を始めて下さった歴代のお母さんたちに感謝し、まい進したい」
 

緑区版の人物風土記最新6

片山 友理香さん

東洋英和コーヒープロジェクトの代表を務める

片山 友理香さん

川崎市在住 21歳

1月23日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月16日号

瀧川 鯉丸さん

みどりアートパーク寄席に出演する

瀧川 鯉丸さん

中山在住  32歳

1月9日号

佐藤 果南さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

佐藤 果南さん

都筑区在住 19歳

1月1日号

Okapi(オカピ)さん(本名:岡真樹子)

スティールパン奏者として活躍する

Okapi(オカピ)さん(本名:岡真樹子)

中山町在住 

12月19日号

土志田 領司さん

令和元年秋の褒章で黄綬褒章を受章した

土志田 領司さん

長津田在住 68歳

12月12日号

松浦 正義さん

緑区民生委員児童委員協議会の会長に就任した

松浦 正義さん

十日市場町在住 70歳

12月5日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地震・台風から命を守る

地震・台風から命を守る

3月7日 公会堂で講演会

3月7日~3月7日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク