緑区版 掲載号:2015年2月19日号 エリアトップへ

区商連 旗で地元チームを応援 「プロスポーツ盛り上げる」

社会

掲載号:2015年2月19日号

  • LINE
  • hatena
両チームのファンによって掲げられたフラッグ
両チームのファンによって掲げられたフラッグ

 緑区商店街連合会(加藤龍昭会長)は今月、緑区や横浜F・マリノス、横浜ビー・コルセアーズとコラボレーションフラッグバナーを完成させた。各商店街に旗を掲げ、地元のプロチームを地域で盛り上げたいとしている。

 これまで緑区内では、中山商店街が商店街の活性化を目指し、横浜F・マリノスと横浜ビー・コルセアーズとの交流を図ってきた。マリノスは2012年から毎年、緑区のファン獲得に向け、同商店街が主催する「中山まつり」にブースを出展。チームのPR活動を行ってきた。また、2年前からはビーコルも同商店街会員と共に中山駅周辺の清掃活動を行うなど、ファン獲得に動いてきた。

 マリノス担当者は「中山から当チームの本拠地である新横浜まで電車1本。商店街の祭り等でチームを知ってもらい、一人でも多くの方に来場してもらいと考えている」と話している。

 今回の取り組みの発端となったのが昨年8月。同商店街の担当者と両チームの間で、合同フラッグをつくれば、両チームのファンに仲間意識が生まれ、両チームを応援するファンが増えるのではないかという話が持ち上がり、同商店街が緑区に相談。区は、この取り組みを区民のスポーツ振興につなげたいと支援を決定。横浜市全域で進める「ウォーキングポイント」事業のロゴをフラッグに入れるなど、フラッグ制作に協力してきた。

 区は中山商店街以外の区内7カ所の商店街にもフラッグを配布し、地域全体でプロスポーツチームを応援する気運を高め、区民のスポーツ熱を盛りあげていきたい考えだ。
 

緑区版のトップニュース最新6

一斉改選で216人委嘱

一斉改選で216人委嘱 社会

民生委員・児童委員

12月5日号

15年ぶりVへ、王手

横浜FM

15年ぶりVへ、王手 スポーツ

7日、日スタで最終節

12月5日号

地場野菜使って記念給食

緑区内市立小

地場野菜使って記念給食 教育

12月に第3弾も予定

11月28日号

相鉄・JR 直通線30日 開業

相鉄・JR 直通線30日 開業 社会

市西部から都心へ利便性向上

11月28日号

脱プラへ 木製ストロー

横浜市

脱プラへ 木製ストロー 経済

推進めざし独自開発

11月21日号

高齢者の“困りごと”解消

山下地区

高齢者の“困りごと”解消 社会

生活支援に新たな一手

11月21日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月14日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひきこもりの若者支援

ひきこもりの若者支援

15日に保護者セミナー

12月15日~12月15日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク