緑区版 掲載号:2015年2月26日号 エリアトップへ

第三京浜道路 不正立入り対策を強化 多発箇所に標識設置など

社会

掲載号:2015年2月26日号

  • LINE
  • hatena
進入禁止を視覚と聴覚に訴える(写真・京浜管理事務所 提供)
進入禁止を視覚と聴覚に訴える(写真・京浜管理事務所 提供)

 横浜市内を走る自動車専用の主要高速道路の一つ「第三京浜道路」で、自転車や歩行者が立入る事例が多発している。管轄する「NEXCO東日本・京浜管理事務所」では、進入者に危険を知らせる標識等の設置を急ぐ一方、地域ぐるみでの未然防止法や発見時の通報先などを周知。対策に乗り出している。

 第三京浜道路の不正立入りについては、一部の箇所で料金所ゲートを通過せず「ランプ」と呼ばれる無人の走行レーンからアクセスできる構造上の問題などに加え、ETC普及に伴う無人レーンの増加等に比例する形で、増加傾向にある。

 多発地点となっている都内の無人ランプ「玉川インターチェンジ」付近では昨年、160件の進入を確認。さらに横浜市内にも保土ヶ谷インターチェンジに向かう2カ所のランプ(三ツ沢公園そば、及び市民病院そば)が無人状態にあるため、同事務所では「横浜方面の数を加えれば件数は倍増するのでは」と分析する。中でも自転車の誤進入が7割近くに上るというデータもあり関係者は「実際、自分が誤進入している事に気付かず、そのまま走行してしまうケースが多い」と話す。

「4点セット」導入へ

 自動車専用道路への立入りは、ドライバーにとっても予期せぬ事態となり重大事故を引き起こすため、同事務所では対策に着手。当該者の視覚と聴覚に引き返すよう訴える「ポール・路面標示」「標識・回転灯(ブザー)」(歩行者用、自転車用それぞれ)の設置を、今年3月末までに完了させる。またこれに「赤外線カメラ」を加えた4点セットでの「立入り検知システム」を早期に構築していく方針で、この対策を既に施した箇所では進入者の9割が間違いに気付きUターンするなど、実績を残している。

認知症歩行者の問題も

 また近年は「道間違い」や「誤進入」といった従来の原因に加え「認知症の疑いのある高齢歩行者の立入り」も問題視されている。

 この対策に関しては「ランプ付近を一人で歩いているお年寄りを見かけたら、ひと声掛けて頂くなど、地域の方々もぜひ協力して頂ければ」と呼び掛けるほか、こうした道路上での異常を発見・察知した際は「緊急通報ダイヤル(♯9910)」の活用などもPRしている。
 

緑区版のトップニュース最新6

還元金額5%と低調

市内飲食店利用促進事業

還元金額5%と低調 経済

利便性に課題か

1月20日号

刑法犯が減少傾向

緑警察署管内

刑法犯が減少傾向 社会

人身事故件数は増加

1月20日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

おみくじで、本を推薦

緑図書館

おみくじで、本を推薦 文化

新しい本との出合いに

1月13日号

「かつての賑わい取り戻す」

新春インタビュー

「かつての賑わい取り戻す」 社会

岡田区長、抱負を語る

1月6日号

3万6千人が門出

横浜市成人式

3万6千人が門出 社会

昨年に続き分散開催

1月1日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook