緑区版 掲載号:2015年3月19日号 エリアトップへ

市議選緑区 定数4に6人出馬か 現職に女性2人が挑む

政治

掲載号:2015年3月19日号

  • LINE
  • hatena

 4月3日告示、12日投開票の横浜市会議員選挙に向け、緑区から立候補を予定する顔ぶれが出揃ってきた。本紙の調べでは定数4に対し、現職4人と新人2人の計6人が名乗りを上げている(3月16日起稿)。

 4議席を6人で争う市議選。現職では前回選挙でトップ当選した自民党の斉藤達也氏(42・3期)、維新の党の伊藤大貴氏(37・2期)、民主党の今野典人氏(54・4期)、公明党の高橋正治氏(55・3期)が出馬を表明。

 新人では、自民党の大迫可奈子氏(47)、共産党の加藤リカ氏(42)の女性2人が出馬の意を固め、準備をすすめている。

 斉藤氏は駅周辺の整備、産科医療機関の誘致など子育て環境の充実、都市農業推進、災害に強い緑区、経済・商店街活性化、高齢者・障害者支援、バリアフリーの充実を訴える

 伊藤氏は人口減少社会を見据えた「スリムな行政」の実現のために徹底した行財政改革を行い、その成果を未来への投資として、教育やまちづくりに充てるべきだと主張する。

 今野氏は地元に雇用を増やす企業誘致や地域経済活性化、JR横浜線の混雑緩和、市民の足となるミニバス運行の促進、がけ対策など自然災害への備えを充実させたいという。

 高橋氏は横浜型スクールランチの実現、災害時の情報受伝達体制の構築、小児救急医療体制の強化、道路など土木インフラの老朽化対策、在宅介護者の支援を推進したい考え。

 大迫氏は緑区医師会訪問看護ステーション統括責任者として11年勤務。地域包括ケアシステムの構築を進め医療と介護が連携して高齢者・障害者を支える仕組み作りを訴える。

 加藤氏は学校給食法に基づく中学校給食導入や、特別養護老人ホームの増設、介護保険料・利用料の減免制度の充実、高齢者の外出支援、歩道や生活道路の整備促進を訴える。

緑区版のトップニュース最新6

開所に向け整備進む

山下地域ケアプラザ

開所に向け整備進む 社会

福祉保健活動の新拠点

1月21日号

コロナに負けず美術展

白山高校

コロナに負けず美術展 文化

ユーチューブで配信中

1月21日号

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月14日号

歌集「白杖と花びら」出版

三保町在住苅谷君代さん

歌集「白杖と花びら」出版 社会

「ありのまま詠っていく」

1月14日号

新しい生活様式意識し

新春区長インタビュー

新しい生活様式意識し 社会

区運営方針進捗など語る

1月7日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月7日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月17日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク