緑区版 掲載号:2015年3月19日号 エリアトップへ

喫煙条例施行8年 過料処分、後絶たず 「禁止地区」周知に課題

掲載号:2015年3月19日号

  • LINE
  • hatena
喫煙禁止を示す路面標示(関内地区)
喫煙禁止を示す路面標示(関内地区)

 横浜市が喫煙禁止地区に指定している6地区で、指定が始まった2007年度から昨年末までの違反者に対する過料処分件数が約2万3千件に上ることが分かった。年5千件を超えていた件数は減少傾向にあるものの、依然、ゼロには近づかない状況。危機感を募らせる市では、周知の強化に乗り出している。

 横浜市ではポイ捨て・喫煙禁止条例に基づき、2007年度から順次、横浜駅周辺、みなとみらい21、関内、鶴見駅周辺、東神奈川・仲木戸駅周辺、新横浜駅周辺の各地区を喫煙禁止地区に指定し、違反者には過料2千円の罰則を科す。16人の美化推進員が巡回し、違反者からその場で過料を徴収している。同地区内には喫煙所を設けている。

 これまでの処分件数は減少傾向にはあるが、今年度も2千件を上回るペースだ。横浜市ではこの間、直接罰として過料徴収を徹底することで、違反をなくす方針を継続してきた。これに対し、同様の条例を施行する川崎市では、6地区で指定場所以外の路上喫煙を禁止。指導・警告に従わない悪質な違反者に限り同額の罰則を適用し、初年度の06年度から昨年12月までの処分件数は18件となっている。

「ゼロにならず反省」

 禁止地区での喫煙を巡っては、東京都の男性が過料処分の取り消しを求めた訴訟で、最高裁が男性の上告を棄却し、処分を適法と認めた昨年6月の東京高裁判決が確定した経緯がある。一方、東京高裁の判決では、喫煙禁止の周知徹底に費用をかけるのは当然との指摘もあった。

 市では、市広報の活用や禁止地区内の路面標示・標識の設置等により「一定の周知がされていると判断している」(担当者)との認識を示す一方、処分件数がゼロに近づかない現状への反省も口にし、改めて周知徹底に努めている状況だ。

来街者にもPR

 昨年7月からは従来の広報活動に加え、鉄道車両や観光情報誌への広告掲載、都内駅へのポスター掲出など主に来街者への周知に努め、これらの取組みは来年度も続けたい考え。担当者は「喫煙者、非喫煙者に配慮し清潔で気持ち良く過ごせる横浜に」と話している。

 市では当面、禁止地区の新設はせず既存地区の周知を進める方針。

緑区版のローカルニュース最新6

疫病退散願い、どんど焼き

東本郷地区連合自治会

疫病退散願い、どんど焼き 文化

鶴見川河川敷で開催

1月21日号

パパが子育て学ぶ

パパが子育て学ぶ 文化

2月13日に中山ケアプラで

1月21日号

「球団10年目を飛躍の年に」

(株)横浜DeNAベイスターズ

「球団10年目を飛躍の年に」 スポーツ

岡村社長 新春インタビュー

1月21日号

玲泉さんの書を展示

玲泉さんの書を展示 文化

1月末まで

1月21日号

3万7千人が節目

成人式

3万7千人が節目 教育

感染対策徹底し開催

1月21日号

世界を魅了する影絵集団

キニナル?アート美術館

世界を魅了する影絵集団 文化

〜都筑区編〜

1月21日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月17日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク