緑区版 掲載号:2015年5月21日号 エリアトップへ

15年度区方針 次世代向け取組みに重点 区制50周年見据える

社会

掲載号:2015年5月21日号

  • LINE
  • hatena

 緑区役所はこのほど、2015年度区政運営方針を発表した。19年10月に迎える緑区制50周年に向け、「緑あふれる みんなにやさしいまち〜次世代につなぐ 新たなスタート〜」を基本目標とし、小学生など子どもたちを対象にした取り組みに重点が置かれている。

 今年度の運営方針では、目標達成に向けて、【1】安全・安心なまち【2】いきいき暮らせるまち【3】みどりの魅力あふれるまちの3つの施策をあげている。3つの施策の中では「区の取り組み」として、区制50周年に向けた、次世代=子どもたちへ向けた取り組みに特に注力していく考えだ。

 「安全・安心なまち」の施策では、新規事業として8月に小学生を対象とした防災・減災啓発事業の実施を予定。また、東本郷地区のバス通りの歩行者空間整備(9月)、公園にある地域防災拠点の案内板の更新(50か所)を計画している。さらに、14年の台風被害を踏まえ、緑区防災計画「風水害対策編」の見直しに向けた検討にも取り組む。

 第2期緑区地域福祉保健計画「みどりのわ・ささえ愛プラン」の実現に向け取り組むのが「いきいき暮らせるまち」の施策。主な新規事業として、子どもたちに仕事を体験してもらう「子どもアドベンチャー2015」におけるプログラムや小学生向け料理教室を実施する(8月)。また、16年度以降に取り組む第3期計画素案の公表と意見募集、策定も行う。

 「みどりの魅力あふれるまち」の施策では、新たに動画等を活用した農の魅力発信や十日市場駅周辺地区でのバリアフリー基本構想の検討のほか、地域の人向けに「みどりひと・まちスクール」を開講させる。

 緑区役所区政推進課の担当者は「区制50周年を見据えて、次世代に向けたさまざまな取り組みを検討している。小学生や次世代の地域の担い手などに向けた、『未来』を意識した取り組みを行っていきたい」と、話した。

緑区版のトップニュース最新6

団地の未来を考える

竹山住宅管理組合協議会

団地の未来を考える 社会

「実現可能なビジョンを」

9月23日号

市、オンライン申請を導入

証明書発行

市、オンライン申請を導入 社会

時間・場所問わず可能に

9月23日号

コロナ禍で端末活用加速

横浜市立小中学校

コロナ禍で端末活用加速 教育

一律での実施に課題も

9月16日号

鴨居の桜5本を伐採

緑区

鴨居の桜5本を伐採 社会

「倒木の危険から守るため」

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

住民提案で静かな夏祭り

東向地団地自治会

住民提案で静かな夏祭り 社会

夜の川辺にランプ灯し

9月9日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook