緑区版 掲載号:2015年5月21日号 エリアトップへ

霧が丘にある福祉作業所の利用者と地域住民との舞台制作を記録する映画を撮った 宮沢 あけみさん 新治町在住 

掲載号:2015年5月21日号

  • LINE
  • hatena

「立ち会えた幸せ」噛みしめ

 ○…霧が丘にある福祉作業所「ぷかぷか」に通う障害者と地域住民が歌劇の公演に挑んだワークショップをカメラで記録し続けた。きっかけは同作業所代表の「撮ってみたら」の一言だった。フリースクールや障害者などを題材に脚本家や映像作家としてこれまでにも様々なアプローチを試みてきたため、こうした機会がどれだけ貴重かは身に染みて感じていた。「これは出会いだ」。感謝を込めてカメラを回し始めた。

 ○…長野県佐久市出身。信州大学を卒業し、高校教師、ラジオレポーターなどを経て上京。「私の事を誰も知らない世界で、もういちど世の中を見つめてみたいと思った」。振り返れば、学生時代からいつも心のどこかに「表現」や「発信」の術を探す自分がいた。映画やテレビドラマの助監督として様々な現場を経験。連続ドラマを制作していた時にカメラマンとして今も活躍する夫と出会い結婚した。脚本を一から学び直し、コンクールなどに出品する日々の中、長女「そらちゃん」を授かった。

 ○…「そらちゃん」は620gの超低体重児として生まれてきた。40歳を超えての出産には様々なドラマがあった。この経験を題材に著作「ミラクルBaby〜620gのそらが教えてくれること」を出版。「620gで生まれても、元気に生きる子どもがいることをちゃんと知ってもらいたい」。同じような境遇にいる人や、世の中のすべての人に向け、渾身の筆を振るった。

 ○…「ぷかぷか」の記録映画を撮って、多くの「幸せの瞬間」に立ち会うことができた。「彼らの表現力や存在感に圧倒され、感動が込上げる瞬間が多くあった」。この瞬間、障害という概念は無くなり、人と人が芯で向き合う場面が生まれた。監督としてその瞬間を捉えられた事、それ以上に「人としてその場に立ち会えた事が幸せ」。大きな収穫を胸に、次なる表現を模索する。

緑区版の人物風土記最新6

柴崎 芽生(めい)さん

横浜創英大学の学園祭「秋桜祭」で実行委員長を務める

柴崎 芽生(めい)さん

横浜創英大学こども教育学部3年

10月10日号

真船 悦子さん

緑区コーラスの会の会長を務める

真船 悦子さん

霧が丘在住 70歳

10月3日号

末棟(すえむね) 小百合(さゆり)さん

黒板アートの指導にあたっている

末棟(すえむね) 小百合(さゆり)さん

白山高校美術科教諭 45歳

9月26日号

澤田 茂友さん

青少年みどり遊楽舎の代表を務める

澤田 茂友さん

三保町在住 70歳

9月19日号

横瀬 堅さん

緑少年補導員連絡会の会長を務める

横瀬 堅さん

霧が丘在住 68歳

9月12日号

栗原 加代美さん

DVの加害者更生プログラムに取り組む

栗原 加代美さん

東本郷在住 73歳

9月5日号

木村 升(のぼる)さん

50周年を迎える緑保護司会会長を務める

木村 升(のぼる)さん

鴨居町在住 72歳

8月29日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク