緑区版 掲載号:2015年5月28日号 エリアトップへ

シニア男性の健康維持のためのイベントが200回を迎える「みどり97会」の代表を務める 阿部 幸彦さん 寺山町在住 71歳

掲載号:2015年5月28日号

  • LINE
  • hatena

定年後こそ思いのままに

 ○…毎月1回、男性料理教室やシニア社会見学、ウォーキングなど、定年退職後の男性が地域で交流できる場をつくり、200回を迎えるまでになった。代表は自身で2代目。1998年から続く団体の代表を任され7年になる。71歳の自身が最年少。80歳代を中心にここまで続いている活動を振り返り「生きがいがある人は元気。先輩方から元気をもらうんです。うちは皆にぎやかで面白い」。地域や他者とのつながりがエネルギーを生み出してくれている。

 ○…寺山町で生まれ育つ。電力系の会社を定年退職後、意識は自然と地域へと向かった。「勤めている時はほとんど地域と交流を持てなかった。自由な時間ができたら、地域で楽しみを見つけたいと思っていた」。最も若い会員として様々な雑務を引き受けるうち、団体の創始者である代表から「これからは阿部さんに頼みたい」とバトンを渡された。「自分が一番若かったから託されたのかなと。だから、代表という感覚は今でも薄い」。会報作成や年間スケジュール決めなどなんでもこなす。

 ○…父が建てた現在の家に植えられている「モミジ」の老木を見ているうちに、すっかり魅力にとりつかれ、今では20鉢を集めるまでになった。時間を見つけては、全国の植木屋や植物園をまわっている。「モミジは若葉も紅葉も好き。あの葉の形が何とも言えない」。モミジの知識にかけては、地域ではちょっとした有名人だ。

 ○…会の決まりとして、それぞれが現役時代にどんな地位だったか、何をやっていたかなどは明かさないようにしている。「そういものがあると、序列を付けたりして、自由な関係が築けない。定年後こそ、そういうものを取り払った楽しい人付き合いが必要」。今後も代表として、シニア男性の生きがい創出、絆づくりに努めたいと考えている。「そのために自分も楽しみながらやりたい」と笑顔を見せた。

緑区版の人物風土記最新6

柴崎 芽生(めい)さん

横浜創英大学の学園祭「秋桜祭」で実行委員長を務める

柴崎 芽生(めい)さん

横浜創英大学こども教育学部3年

10月10日号

真船 悦子さん

緑区コーラスの会の会長を務める

真船 悦子さん

霧が丘在住 70歳

10月3日号

末棟(すえむね) 小百合(さゆり)さん

黒板アートの指導にあたっている

末棟(すえむね) 小百合(さゆり)さん

白山高校美術科教諭 45歳

9月26日号

澤田 茂友さん

青少年みどり遊楽舎の代表を務める

澤田 茂友さん

三保町在住 70歳

9月19日号

横瀬 堅さん

緑少年補導員連絡会の会長を務める

横瀬 堅さん

霧が丘在住 68歳

9月12日号

栗原 加代美さん

DVの加害者更生プログラムに取り組む

栗原 加代美さん

東本郷在住 73歳

9月5日号

木村 升(のぼる)さん

50周年を迎える緑保護司会会長を務める

木村 升(のぼる)さん

鴨居町在住 72歳

8月29日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク