緑区版 掲載号:2015年6月4日号 エリアトップへ

県神社庁 横浜三支部連合 豊作祈り田植祭

文化

掲載号:2015年6月4日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市内の神社が所属する神奈川県神社庁横浜三支部連合主催の農耕神事「お田植祭」が5月29日、青葉区田奈町の水田で行われた。豊作を祈願する目的で、20年以上続いているという。

 この日は関係者ら25人が参加。用意された祭壇で祝詞を奉上し、水田のお清めを行った後、神主らの手で苗が植えられた=写真。神事を司った横浜中支部長の松橋孝行宮司(皇太神宮=中区)は「自然の恵みに対する感謝の気持ちで稲を植えた。天と地が結びつくこの地で、秋まで大事がなく豊作になることを祈った」と思いを述べた。

 この水田は神に奉納する米を育てる「神饌田(しんせんでん)」とされ、この地を管轄する神鳥(しとど)前川神社(豊浦崇男宮司)の大世話人である松本瞳さん(82)が所有している。この田で行われるのは、今年で7年目。

 9月に抜穂祭(ぬいぼさい)を行い、収穫した米は「御料米(ごりょうまい)」として三重県の伊勢神宮で五穀豊穣に感謝して行われる神嘗祭(かんなめさい)で奉納される予定。収穫量はおよそ200kgを見込み、市内約80の神社を通じて、三支部の神社約200カ所にも届けられる。

緑区版のローカルニュース最新6

医療物資を市に寄贈

【Web限定記事】国際ロータリー第2590地区

医療物資を市に寄贈 社会

新型コロナ対策

5月21日号

食の支援、寄付を募集

【Web限定記事】横浜市社協

食の支援、寄付を募集 社会

6月15日まで

5月21日号

「#緑区エール飯」始まる

「#緑区エール飯」始まる 文化

SNSで飲食店を応援

5月21日号

動画を積極的に配信

【Web限定記事】横浜創英大

動画を積極的に配信 教育

「癒された」など反響も

5月21日号

医療と経済に重点配分

補正予算

医療と経済に重点配分 政治

林市長、コロナ対策語る

5月21日号

手作りマスクを寄贈

【Web限定記事】緑ほのぼの荘

手作りマスクを寄贈 社会

高津内科医院に

5月21日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク