緑区版 掲載号:2015年6月4日号
  • googleplus
  • LINE

ガチめん!汁もの篇 区内から2店エントリー 中山の「佐保多」「千里香」

経済

佐保多の「豚みぞれうどん」
佐保多の「豚みぞれうどん」
 横浜市内商店街の麺類ナンバーワンを人気投票で決める「ガチめん!〜汁もの篇〜」エントリー商品が順次発表されている。緑区からは中山商店街の2店舗、「佐保多」と「千里香」が「豚みぞれうどん」と「サンラータンメン」で参戦。緑区代表として頂点を目指す。

 (一社)横浜市商店街総連合会が主催する「ガチ」シリーズ第5弾は、「ガチでうまい横浜の商店街めん類NO.1決定戦」。さまざまな種類の麺類があることから、今回は汁ものに絞り、エントリー商品はめんが汁(スープ)に浸かった状態で提供されるものに限定された。

 「ガチめん」には、市内18区41商店街から54店舗がエントリー。各店舗がラーメンや蕎麦、うどんなどの麺類メニュー1品を出し、ナンバー1を競う。

 緑区からは「佐保多」(中山商店街)と「千里香」(同)の2店舗が出場する。それぞれ「豚みぞれうどん」と「サンラータンメン」という、店自慢のこだわりが光るメニューで勝負。横浜1位の座に挑む。

こだわりの麺とつゆ

 そば・うどん「佐保多」(寺山町89の15/【電話】045・931・1146)は2007年に開業。元々は、明治時代から続いた「政多屋製麺所」に端を発する。

 エントリー商品は、上州豚たっぷり100gと大根おろしが乗った「豚みぞれうどん」(税込1100円)。隣の製麺所で作る細めの自家製うどんに、しょうゆ・みりん・砂糖・出汁など汁(つゆ)にも徹底してこだわっている。店主の佐保田豊さんは「特に汁にはこだわりぬいている。おいしいと思っていただければ」と語る。

酸味と辛さが融合

 中華東北・四川料理「千里香」(中山町305の14ジョイモアビル2階/【電話】045・935・2639)は、今年2月にオープン。家族連れや会社員など幅広い層から人気を集めている。

 エントリーしているのは、お酢の酸味と豆板醤・胡椒の辛味がポイントの「サンラータンメン」(税込800円)。キクラゲやタケノコなど6種類の具材たっぷりで、辛さの調節も可能だ。王海玲店長は「ほかにない本場の味を、ぜひ一度味わってほしい」と話す。

投票は7月から

 投票期間は7月1日(水)から8月31日(月)まで。専用はがきやWEBなどから投票でき、1人1商品のみ有効。得票数順に金賞1点、銀賞3点、銅賞5点が決められる。各賞の発表は9月下旬の予定。

 また、投票期間中にはスタンプラリー企画「ガチ道2015」を展開。エントリー商品を食してスタンプを集めると、先着で賞品がもらえる。

 ガチめん!に関する問い合わせは、市商連【電話】045・662・0874へ。詳細は公式HP【URL】http://shirumono.gachimen.com/

千里香の「サンラータンメン」
千里香の「サンラータンメン」

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

林市長とぬくもりトーク

カフェみなみ運営委員会

林市長とぬくもりトーク

7月26日号

例年より早い生育

区内浜なし

例年より早い生育

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

初の合同防犯パトロール

白山連合自治会

初の合同防犯パトロール

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

区内飲食店で地産地消

Team VerdeTHREE STARS

区内飲食店で地産地消

7月12日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク