緑区版 掲載号:2015年6月25日号 エリアトップへ

サッカー日本代表 長友選手が特別コーチ 中山でプレー 思い伝える

スポーツ

掲載号:2015年6月25日号

  • LINE
  • hatena
生徒たちを翻弄する長友選手
生徒たちを翻弄する長友選手

 サッカー日本代表DFでイタリアセリエAインテル・ミラノ所属の長友佑都選手が6月21日、自身がオーナーを務める「NAGATOMO FIELD(ナガトモフィールド)」=中山町=に登場。1対1やミニゲームで子どもたちと一緒にボールを追いかけ、思いを伝えた。

 かねてから「子どもたちにサッカーを楽しんでもらえる場を提供したい」との思いを持っていた長友選手は2012年、同フットサルコートのオーナーに就任。今年4月には、夢に向かう子どもたちをサポートするため「YUTO NAGATOMO Football Academy(長友佑都フットボールアカデミー)」を立ち上げた。

世界のスピードを披露

 冒頭、「いい選手がいたらインテルに連れて行こうと思う」と語った長友選手。大勢のギャラリーや報道陣が見守る中、同アカデミーに通う生徒たちと1対1、ミニゲームを行い、一つのボールを追いかけた。

 参加した生徒全員と対戦した1対1では、一人ひとりの名前を呼びながらプレー。抜かされた時には「芝が滑る」と苦笑いしていた。ミニゲームでは、周囲から「佑都コーチがんばれ」の大声援を受け、持ち前のスピードを見せる場面も。周囲から「オー」という歓声が上がっていた。

 長友選手はミニゲーム前、「絶対に負けないという強い気持ち。これがないと世界では通用しない」と語りかけた。また、「あいさつできない人は上手くなれない。ありがとうをいっぱい言おう」と語った。

 参加した江原碧斗君(小6)は「すごく緊張したけれど、とても楽しかった。試合中の声の出し方やあきらめない気持ちなど勉強になった」と笑顔で振り返った。

緑区版のトップニュース最新6

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ 社会

全区でネットワーク構築

5月16日号

「節目を皆で祝いたい」

緑区制50周年

「節目を皆で祝いたい」 文化

年間通じ、関連事業

5月1日号

未就園児の安全確認 推進

横浜市

未就園児の安全確認 推進 社会

家庭訪問で虐待防止へ

4月25日号

区制50周年事業に協賛

横浜緑ロータリークラブ

区制50周年事業に協賛 社会

クラブも節目で50万寄付

4月25日号

地域連携行事として開催

霧が丘高校

地域連携行事として開催 社会

チューリップまつり

4月18日号

「心臓リハビリ」普及に着手

横浜市

「心臓リハビリ」普及に着手 社会

市内病院中心に体制構築

4月18日号

自民が市・県ともにトップ

統一地方選緑区

自民が市・県ともにトップ 政治

知事選、黒岩氏が3選

4月11日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

相続空き家特例を学ぶ

相続空き家特例を学ぶ

造幣局のあゆみ講座も

6月3日~6月3日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク