緑区版 掲載号:2015年8月20日号
  • LINE
  • hatena

いきいきサロン鴨居で特別講演「戦時体験談」を行う 國本 桂作さん 鴨居在住 92歳

平和への希望 今もなお

 ○…「私以上に悲しい体験をしている方がいるので、今まで話をしようとは思わなかった。でもせっかくなので喜んで話をさせていただく」。陸軍飛行学校に入隊し、終戦の年の4月には特攻隊長に任命された。終戦後も2年間ソ連による抑留を経験。自身の体験を戦後70年の節目の年、いきいきサロン鴨居で「戦時体験談」として披露する。「ここに至れば、良い機会を与えてもらったなと思う」

 ○…山口県中関(現・防府市)生まれ、宇部市育ち。現在の山口大学経済学部在学中、「食堂で真珠湾攻撃の放送を聞いた」と語る。「当時は徴兵検査があって、国民皆兵の時代。毎週必ず軍事教練もあった」。卒業後は特別操縦見習士官第一期生として、大刀洗陸軍飛行学校に入隊。特殊飛行の訓練中、高度1000メートルから垂直に落下したことも。「大空の中でシーンとなって、すーっと落ち始めた」。手動発電機を回し、高度300メートル地点で難を逃れた。「その時が最初の命拾い。その後も話しきれないほどたくさんあるよ」

 ○…満洲にいた1945年の4月、特攻隊長に任命された。上官から「後学のために心境を教えてくれ」と聞かれ、「昨日までの私と現在の私に一切の違いはございません」と答えたという。当時を振り返り、「死には予感があるのではと思った。不思議とその時は予感がなかった」。その後、ソ連軍の脅威に備えるため特攻隊は解散。出撃することはなかった。

 ○…長年過ごした宇部から、鴨居に来て約7年。趣味の俳句や俳画、書道を教えるほか、「鴨居カラオケ愛好会」に参加するなど、仲間とともに充実した時間を過ごす。「横浜を愛し、鴨居を愛し。ベイスターズも応援しているよ」と、目尻を下げる。「これからも豊かな平和が続いていくのではという希望を持っている。もっとも、僕は90歳を過ぎて日毎に歳を感じるけど」。言葉とは裏腹に、大きな笑い声が響いた。

緑区版の人物風土記最新6件

長島 敏晴さん

(一社)横浜北工業会専務理事で、「港福一夜城」で講演を行う

長島 敏晴さん

1月31日号

苅和野 修さん

総合電機メーカーから転職し、長津田地区センターの館長に就任した

苅和野 修さん

1月24日号

野並 晃さん

第68代(一社)横浜青年会議所理事長に就任した

野並 晃さん

1月17日号

新井 航世(はんせ)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

新井 航世(はんせ)さん

1月10日号

三原 一晃さん

横浜DeNAベイスターズの球団代表でチーム編成の最高責任者として舵を取る

三原 一晃さん

1月1日号

さくらさん(本名:鈴木 葵さん)

「SOMPO パラリンアートカップ2018」で損保ジャパン日本興亜賞を受賞した

さくらさん(本名:鈴木 葵さん)

12月20日号

衆議院議員みたに英弘新春の集い

2月16日(土)午後3時〜 新横浜プリンスホテル5F 会費5000円

http://mitani-h.net/

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

里山ガーデンで講座

里山ガーデンで講座

2月12日から応募受付

3月27日~3月27日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク