緑区版 掲載号:2015年11月19日号 エリアトップへ

中山駅前が「幻影横丁」に 住民ら光のアート楽しむ

社会

掲載号:2015年11月19日号

  • LINE
  • hatena
「光」で遊ぶ子どもたち
「光」で遊ぶ子どもたち

 中山駅前の緑新栄会通りを会場に11月6日・7日の2日間、光のアートイベント「スマートイルミネーションみどり-なかやま幻影横丁-」が開催された。

 このイベントは省エネルギー技術とアーティストの創造性を融合させ、地域の魅力を発信することを目的に緑区が企画しているもの。2012年から実施されており、過去3回は新治地区を舞台にしていたが、今回初めて、緑新栄会に会場を移し開催された。

 当日は、二条城のライトアップなどにも携わる高橋匡太さんら多数のアーティストが、最先端技術や人の手による温かな光など様々な「光」を使って商店街を「幻影横丁」に変貌させ、光る屋台やイルミネーションの撮り方講座、ゴスペルライブなど多彩なイベントを実施し、参加者を楽しませた。

 横浜を中心に活躍するアーティスト集団「ぺピン結構設計」は「さかさまなかやま」という演劇を、商店街全体を舞台に開催。道行く人に「中山」を逆転させた「まやかな」という挨拶をしたり、こどもが店長を務めるスナックをオープンさせたりと、町の中に色々な「さかさま」を配置した。

 イベントに参加した渡部優理絵さん(小4)嶺太くん(小2)兄弟は「プラネタリウムのオモチャや大きな影絵は家では体験できないので面白かった」と感想を述べた。

緑区版のローカルニュース最新6

「震災はまだ終わってない」

3・11連載❷ ”忘れない”を力に

「震災はまだ終わってない」 社会

青葉区在住 伊藤まりさん(61)

3月4日号

Zoomで定例会

Zoomで定例会 社会

鴨居連合自治会

3月4日号

SDGsの特別授業実施

区内在住の塚本さんら

SDGsの特別授業実施 教育

三保小学校で

3月4日号

図書館で消防の歴史学ぶ

確定申告4月15日まで

確定申告4月15日まで 社会

新型コロナで延長に

3月4日号

ラジオ局がSFの舞台に

最新刊

ラジオ局がSFの舞台に 文化

横浜市在住の志駕晃さん著

3月4日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク