緑区版 掲載号:2015年11月19日号 エリアトップへ

20周年を迎えた太鼓グループ「上山太鼓」の会長を務める 平川 啓二さん 上山在住 72歳

掲載号:2015年11月19日号

  • LINE
  • hatena

自然と感じるリズム

 ○…「これだけ長く続けられたのは、地域や周りの協力があったから」と目を細める。20年前に自身を中心に会を発足し、今では地域の祭りには欠かせない存在となったが、当初は気兼ねなく太鼓を打てる場所の確保などに悩ませられたという。少しずつ活動を知ってもらい、練習場や演奏の機会を得られたときは「地域に根差してきたなと嬉しく思いました」

 ○…小学生の時、近所の祭りで盆踊りに参加したことが、太鼓との出会い。「演奏しているハチマキ姿のお兄さんたちがとにかく格好良かった。見ていたら自然と体がリズムを取っていた」と当時を懐かしむ。25年前に上山の夏祭りに参加した際、櫓の上に放置された太鼓を見かけ「誰もやらないなら俺がやる」と経験はなかったが飛び入りで打ち鳴らした。「勢いで始めたから頭は真っ白でしたが、やってみたらとにかく気持ちよかった」と笑顔を見せる。その一件で太鼓への思いが再燃。自治会で希望者を募って会を立ち上げた。

 ○…東京都大田区出身。緑区には結婚を機に引っ越してきた。「なんとなく気に入ったから越してきたけど、これだけ長く住むってことは肌に合ったんですね」。太鼓を始めた当初は会社に勤めながら、町田の道場に通って練習をしていた。ばちの持ち方など初歩的なことも一から見直し、習ったことを会員に教えていたという。「師匠の小林政高さんには今でも頭があがりません。今の会があるのは彼のお蔭でもあります」

 ○…太鼓の魅力は、思い切り叩く際の動きと、響き渡る音が生み出す爽快感だと話す。教え子には「嫌いな人の顔を叩く位打ったほうがいい音が鳴ると指導している」と笑う。これからは、老人ホームや幼稚園での慰問活動などをより積極的に行う意向。「太鼓の爽快なリズムには、体を動かしたくなる不思議な魅力がある。色々な人の心に太鼓の音を響かせたい」と展望を語った。

緑区版の人物風土記最新6

上村 文次さん

10年間に渡り蝶を観察した記録をまとめた「よこはまの蝶」を自費出版した

上村 文次さん

藤沢市在住 71歳

3月4日号

岩上 真理さん

「ママ夢ラジオ」や「レオラジオ」でパーソナリティを務める

岩上 真理さん

東本郷在住 50歳

2月25日号

大塚 治之さん

【Web限定記事】「ズーラシアンブラス」の生みの親

大塚 治之さん

町田市在住 59歳

2月18日号

池田 朋弘さん

テレワーク環境でも成果を出すチームコミュニケーションの教科書を出版した

池田 朋弘さん

長津田在住 36歳

2月4日号

荒井 一樹さん

地域密着メディア「ぐりすま(GREEN SMILE」を運営する

荒井 一樹さん

三保町在住 36歳

1月28日号

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月21日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク