緑区版 掲載号:2016年4月21日号 エリアトップへ

マイナンバーカード 緑区でも交付に遅れ システム障害影響か

社会

掲載号:2016年4月21日号

  • LINE
  • hatena
システムエラーを知らせる看板
システムエラーを知らせる看板

 今年1月からマイナンバーカードの交付が始まっているが、システムトラブルなどによりカード申請者への交付が大幅に遅れている。緑区でも約1万8千枚の申請に対し、交付は約2400枚と低調だ。市は区役所に置く臨時交付窓口の期間を延長するなど対応に追われている。

 身分証明証としても利用可能なマイナンバーカードの発行には、全国の自治体が共同運営する「地方公共団体情報システム機構」への申請が必要。同機構が受付順に各区役所へとカードを納品した後、区役所ではカードに間違いがないかなどを確認し、申請者に「交付通知書」を出す。通知を受け取った申請者が区役所に設置された臨時交付窓口でカードを受け取る手順をとっている。

アクセスが集中

 横浜市では今年1月から各区役所に臨時交付窓口を設置。臨時職員約200人を採用し対応にあたっていたが、同窓口が行うカード確認などの際にアクセスする地方公共団体情報のシステムに「本人確認のパスワードを打ち込む画面が立ち上がらない」「アクセスが混み合っているのか画面が固まってしまう」などのトラブルが相次いでいるという。

 同システムには全国の自治体からアクセスが集中していると見られ、同機構広報担当者は「システム障害には対応しており、改善しつつあるが、それでも午前中や午後2時頃には混み合う状態が続いている」と話す。

 緑区では3月末時点で約1万8千枚のカード申請があったというが、交付できているのは2400枚。現在は昨年12月中旬頃に受け付けた分の作業に取り組んでいるという。横浜市全体でも約37万枚の申請のうち、交付できたのは約3万枚と約1割にも満たないのが現状だ。

 横浜市はカード交付が遅れていることについて、システム不具合以外にも「カード自体に不具合があり、再交付に2〜3週間かかるケースもある」と話す。

 区の担当者は「協力しながら1日もはやいカード交付に努めたい」とし、市は14日、当初6月までとしていた臨時交付窓口を12月まで延期することを発表したが、混乱はしばらく続くとみられる。

緑区版のトップニュース最新6

市民の森がオープン

長津田

市民の森がオープン 社会

約1万6千平方メートルを公開

4月9日号

黒木さんが会長賞受賞

鴨居消防出張所

黒木さんが会長賞受賞 社会

アイデアで雨水防ぐ

4月9日号

汽車ぽっぽ公園の桜咲く

長津田駅北口

汽車ぽっぽ公園の桜咲く 社会

まちづくり協議会が移植

4月2日号

「市民の安全・安心支える」

「市民の安全・安心支える」 社会

林市長、新年度の思い語る

4月2日号

市内経済に深刻な影響

新型コロナ

市内経済に深刻な影響 社会

融資認定832件、31億円超

3月26日号

安全求める住民の声形に

中山2丁目

安全求める住民の声形に 社会

道路上にハンプなど設置

3月26日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク