緑区版 掲載号:2016年5月19日号 エリアトップへ

「被災地の子支援を」 熊本地震で学習塾が募金

社会

掲載号:2016年5月19日号

  • LINE
  • hatena
募金活動に参加する塾生ら
募金活動に参加する塾生ら

 30年以上にわたり十日市場で地域の子どもたちを見守り続けている学習塾「ツルセミ十日市場校」が、熊本地震で被災した子どもたちのために義援金を募っている。ツルセミは「共に生きる。共に育つ。」を理念とする星槎グループに所属しており、様々な取り組みを通して子どもたちの多様な悩みと向き合っている。

 同塾は、4月14日に発生した熊本地震を受け、「被災地にいる子どもたちが教育を受けられる環境作り支援したい」と義援金の募集を開始した。

 活動の一環として、4月24日には「ツルセミチャリティーバザー」を実施。阪神淡路大震災の発生を機に始まった同バザーでも熊本に向けた支援を呼び掛けた。当日は200人以上の来場者が訪れ、12万7401円の義援金が集まった。義援金は「NPO法人JHP学校をつくる会」と「(公財)世界こども財団」に振り込まれ、熊本地震と東日本大震災被災地の支援に使われるという。

 同校の国広重則代表は「卒業生も活動を手伝ってくれ、予想を超える額が集まった。今後も塾の窓口などで募金を受け付ける」と話している。

緑区版のローカルニュース最新6

「笑顔溢れる明るい年に」

「笑顔溢れる明るい年に」 社会

緑区賀詞交換会

1月13日号

劇団四季初のコンサート

劇団四季初のコンサート 文化

2月8日から横浜公演

1月13日号

食品の寄付を受け付け

食品の寄付を受け付け 社会

「コロナ禍で助け合いを」

1月13日号

消費生活出前講座を開催

消費生活出前講座を開催 社会

東本郷地域ケアプラザ

1月13日号

明るい未来願って

成人式

明るい未来願って 文化

3万6千人が節目

1月13日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook