緑区版 掲載号:2016年5月26日号 エリアトップへ

県政レポート【5】 熊本地震の現場に学ぶ 神奈川県議会議員(緑区選出) 古賀てるき

掲載号:2016年5月26日号

  • LINE
  • hatena

 熊本地震が発生して1カ月半。余震が続く中、今なお多くの方々が避難生活を送られています。5月2日〜5日の間、現場へ入り微力ながらの支援活動と調査を行って来ました。

支援物資集中で「孤立」?

 主な場所は阿蘇市。熊本市の北東に位置し、報道でよく出る益城町に比べると被害が小さかった地域です。

 そのため当初は支援物資が届かず孤立集落となりました。被害の大きい場所に物資が集中するのは仕方ありませんが、物資を広く行き渡らせる仕組みの構築も今後の課題といえます。

意外な盲点、水は重い!

 自衛隊による給水作業も行われていましたが、給水ポイントからの水の運搬が一苦労です。高層住宅が多い神奈川県では上階への運搬という問題も出てきます。

自助・共助の強化を

 災害が発生すると行政対応=公助は、救急救命活動で手一杯となります。どうやって「わが身を守るか=自助」「ご近所と助け合うか=共助」がカギとなります。

 折しも5月16日には関東でも地震がありました(緑区は震度4)。まずは最低3日分の水と食料の備蓄や、避難場所・避難経路の確認、そして近隣とのつながりの再確認から始めましょう。

手前の地盤が落込んでいる(阿蘇市にて)
手前の地盤が落込んでいる(阿蘇市にて)

古賀てるき

緑区中山町634 2F

TEL:045-482-4382

http://kogateruki.com/

緑区版の意見広告・議会報告最新6

寅年のはじめに

寅年のはじめに

神奈川県議会議員(緑区選出) 古賀てるき

1月6日号

コロナ予防と新たな生活を前進しましょう

新春寄稿 斉藤たつやが語る、未来の緑区!!

コロナ予防と新たな生活を前進しましょう

1月1日号

安全安心の取組を推進

安全安心の取組を推進

神奈川県議会議員・やなぎした剛

1月1日号

2050年希望ある安心のヨコハマを目指して

市会レポート2022年  37

2050年希望ある安心のヨコハマを目指して

公明党横浜市会議員 高橋まさはる

1月1日号

復活と変革の令和4年 誰一人取り残さない

復活と変革の令和4年 誰一人取り残さない

自民党 横浜市会議員 かもしだ啓介(36) 市政報告【16】

1月1日号

代表質問に登壇しました

県政レポート 46

代表質問に登壇しました

神奈川県議会議員(緑区選出) 古賀てるき

12月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook