緑区版 掲載号:2016年5月26日号 エリアトップへ

緑区 保留児童 前年比1.9倍 早期申請者増も背景に

教育

掲載号:2016年5月26日号

  • LINE
  • hatena

 緑区内の※「保留児童」が4月1日現在で、前年比約1・9倍の116人に上ることが分かった。区は、復職前に早期で申請をする人が増えている点などが要因と分析した上で、適切な時期に正確な情報を集めるよう呼びかけている。

 4月1日時点で、緑区内の就学前児童数は9476人と、前年統計と比較して173人減少しているにも関わらず、保留児童は約1・9倍の増加となった。

 この理由として区は「保育園の申請時期が早まっている状況がある」と話す。多くの育休取得者が子どもが1歳になった段階での復職を望むが、「1歳になったタイミングで希望の所に入れないのではないか」といった不安から、早めに申請しようという人が増えているという。また、募集保育所があっても「通勤経路から外れている」「兄弟が別の場所に通うことになる」など、日々の生活での利便性を考慮して入園を見送るケースも課題になっているという。

施設用地の確保難航

 緑区では昨年度、4件の保育施設が新設されており、近年、新設される保育施設は増加傾向にあるという。しかし、駅前など需要が見込める場所に大規模な受け皿の新設は難しい状況がある。区では「園庭などを有する保育園を作るには利便性の高い場所では敷地の確保が難しい現状がある」と話す。

最新情報取得を

 区役所の窓口で保護者にそれぞれの生活にあった保育環境を提案する「保育・教育コンシェルジュ」の櫻井智子さんは、早期申請者が増えている現状について「近年の傾向として待機児童や保留児童が各メディアで広く取り上げられるにつれ、出産前から相談にくる保護者もいる。皆不安を感じられているようだ」と分析する。また櫻井さんは「保育に関する情報は毎年変わる。”先輩ママ”の話と異なることもあるので、まずはその年その年の正確な情報を集めることが大切」とアドバイスする。

 区は今後も保留児童減少に向け様々な取り組みを行う方針だ。6月28日(火)には幼稚園と保育園の違いや、一時保育に関する説明会・個別相談会を開催する。

 詳細は緑区役所こども家庭支援課保育担当【電話】045・930・2331。

ゴルザール カーペット

ペルシャ絨毯&ギャッベ 新入荷、冬のバーゲン 30~60%オフ

https://rarea.events/event/99983

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

防災のしおり作成

フォレストヒルズ三保

防災のしおり作成 社会

自治会加入全戸に配布

1月27日号

市から「予報」発信なし

トンガ噴火津波情報

市から「予報」発信なし 社会

防災Eメールの対象外

1月27日号

還元金額5%と低調

市内飲食店利用促進事業

還元金額5%と低調 経済

利便性に課題か

1月20日号

刑法犯が減少傾向

緑警察署管内

刑法犯が減少傾向 社会

人身事故件数は増加

1月20日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

おみくじで、本を推薦

緑図書館

おみくじで、本を推薦 文化

新しい本との出合いに

1月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook