緑区版 掲載号:2016年6月16日号
  • googleplus
  • LINE

参院選候補予定者 「経済」「憲法」等、賛否分かれる 本紙が独自アンケート

政治

 7月10日に投開票が行われる参議院選挙。タウンニュース社では5月30日時点で神奈川県選挙区(改選定数4)から立候補の意向を表明していた11人に独自アンケートを行った。調査は30日から6月7日にかけて実施。11人全員から回答を得た。質問は「アベノミクス」「消費税引き上げ」「憲法9条改正」などの賛否(○×式)とその理由を問う7問と、「最重点政策」「神奈川県における課題とその解決策」などを述べてもらう「記述式」7問とした。

 「○×式」の設問では、「アベノミクスを評価するか」の問いに、自民、公明など3人が「評価する」としたものの、民進、共産など6人は「評価しない」と答えた。「消費税の2017年4月の引き上げ」に関しては、自民、支持政党なしが「どちらともいえない」、他の9人は「引き上げるべきではない」とした。「憲法9条の改正」は自民、おおさか維新、幸福実現など5人が賛成、民進、公明、共産、社民などの5人が反対と答え、賛否が分かれた。

各氏の重点政策

 各予定者が記述式で答えた最重点政策では、自民党の現職、三原じゅん子氏(51)が医療・年金・介護・子育てといった社会保障政策の充実を掲げる。

 民進党の現職、金子洋一氏(53)は景気回復と、議員定数削減などの「身を切る改革」の実現を目指す。

 民進党の現職で元ニュースキャスターの真山勇一氏(72)は原発ゼロに向け廃炉を進めると訴える。

 公明党の新人、三浦信祐氏(41)は新産業での雇用創出、景気の好循環に向けた取り組みを強調。

 日本共産党の新人、浅賀由香氏(36)は安心して出産・子育てができ、学べる社会づくりを唱える。

 おおさか維新の会の新人、丹羽大氏(39)は教育無償化を実現するための憲法改正を提唱。

 社民党の新人で元看護師の森英夫氏(44)は、「戦争法」廃止・米軍基地の縮小と撤去、脱原発を目指す。

 幸福実現党の新人、壹岐愛子氏(30)は日本を守るための抑止力強化と憲法9条改正を訴える。

 支持政党なしの新人、片野英司氏(45)は党の方針として政策が一切ないので質問に答えられないとした。

 無所属で現職の中西健治氏(52)は雇用者数の増加を重要とし、現在の経済政策継続を訴える。

 元介護職員で無所属の新人、佐藤政則氏(48)は金融資産に対する課税を加え、税収増を目指す。

 なお、日本のこころを大切にする党は8日、清水太一氏(34)の擁立を発表している。全回答は「タウンニュース政治の村」(http://seijinomura.townnews.co.jp)で公開。

※記事は6月13日現在
 

参院選2016 神奈川県選挙区 立候補予定者アンケート

アンケートの回答は以下でご覧いただけます。

http://seijinomura.townnews.co.jp/election/2016-saninsen.html

緑区版のローカルニュース最新6件

師岡熊野神社

「七五三お着物レンタル先行ご予約会」「七五三レンタル衣裳内覧会」開催

http://www.kumanojinja.or.jp/

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク